恋愛中に読むと感情移入できる「少女マンガ」9パターン

いつの時代も、恋愛を題材にしたマンガは恋する女子のバイブルです。共感したり驚かされたり、ストーリーがリアルな恋愛の糧になることもあるのではないでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「恋愛中に読むと感情移入できる『少女マンガ』」をご紹介します。

  • 【1】号泣必至の悲恋モノ『僕の初恋をキミに捧ぐ』(青木琴美)

    「好きな相手が病気とか、設定がズルい!」(10代女性)と言いつつ、ハマって大号泣したという女性は多いようです。実際にはあまりないケースですが、恋愛で辛い思いをしている人の気持ちに寄り添ってくれる作品かもしれません。
  • 【2】全員片想いの美大系ラブストーリー『ハチミツとクローバー』(羽海野チカ)

    「片想いのヤキモキする感じがいい!」(20代女性)と、当時の感覚がよみがえるのを楽しんだ女性が多いようです。エールを送りたくなるような登場人物が多く、彼らのキャラクターとしての魅力も、胸キュンポイントかもしれません。学生時代の恋を思い出したいときに、いかがでしょうか。