ひとりっきりのクリスマスを回避するための大勝負9パターン

恋人がいないさみしさを、1年で最も強く感じる日、クリスマス。むなしい気持ちでこの日が1秒でも早く過ぎ去ることを願う前に、まだやれることが残っているかもしれません。そこで、『オトメスゴレン』女性読者への調査を元に「ひとりっきりのクリスマスを回避するための大勝負9パターン」を紹介します。

  • 【1】ブログやSNSで「さみしいクリスマスになりそう」とつぶやく

    「クリスマスに予定がないことを匂わせて、デートの誘いを待つ」(10代女性)というように、ネットで片思いの男性にアピールするというものです。意中の男性がいない場合も、一度に多数の男友達に「フリー」を知らせることができ、思わぬお誘いがあるかもしれません。
  • 【2】普段は出かけない方面に遊びに行く

    「会社と家の往復だけで出会いがあるわけがない」(20代女性)というように、行動範囲を広げて新しい出会いを探す作戦です。友達に誘われても乗り気になれなかったスポーツサークルに参加してみたり、習い事の1日体験などをしてみてはいかがでしょう。