「俺なんて眼中にないんだ…」とガッカリされてしまう瞬間9パターン

男性が好意を寄せる相手に対して幻滅を覚えるのは、「自分の存在が特別ではないのかも」と感じたときのようです。では、せっかくいい感じになった男性に誤解を与えてしまうのはどんなときなのでしょうか。今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「男性が気になる女性に対して『裏切られた!』とガッカリする瞬間」をご紹介します。

  • 【1】メールを送っても反応が悪かったとき

    「好意があるならすぐに返してくれるはず…」(10代男性)など、メールを待っている間にネガティブな想像をしてしまうようです。特に、メールの返信を保留したままSNSへどうでもいい内容の投稿をしていたりすると、男性が見てガックリくる可能性が高いので注意しましょう。
  • 【2】自分と同じくらいメールのやりとりをする男性がほかにもいると知ったとき

    「俺だけじゃないんだ、と落ち込む」(20代男性)など、親しげなメールのやりとりが特別なことではなかったという事実が、男性を傷つけることもあるようです。気になる男性へのメールでは、ハートの絵文字を多用するなど「好意」を匂わせる工夫が必要かもしれません。