男性を「キュン」とさせるカワイイ方言9パターン

テンションが上がったときや家族との会話のときについ出てきてしまう方言。会話中にうまく織り交ぜれば、ほかの女の子にはない魅力を演出できるかもしれません。そこで今回は『スゴレン』の男性読者のみなさんに、思わず「キュン」としてしまう方言を教えてもらいました。

  • 【1】やわらかいイントネーションで可愛さが倍増する「京都弁」

    「年下の子に、『何してはるんですか?』とか言われて萌えた」(20代男性)というように、京都弁ならではのやわらかさに惹かれる男性がいるようです。少しゆっくりめに話すと、より上品な印象を与えられていいでしょう。
  • 【2】「○○っと?」など語尾があがるところにキュンとする「博多弁」

    「『なんしよっと?』など、後ろがあがるところがかわいい」(30代男性)というように、博多弁のイントネーションにドキッとする男性もいます。ときどき「○○ばい」「○○やけん」などのベタな言葉を交えると、博多弁好きな男性をより釘付けにできそうです。