オタクであることが男性にバレてしまった何気ない行動9パターン

好きな男性に「私ヲタです!」と堂々と言えるオタク女性は少ないのではないでしょうか。しかしふとしたことで「もしかして…?」とバレてしまうこともあります。そこで『オトメスゴレン』女性読者への調査を元に、「オタクであることが男性にバレてしまった何気ない行動9パターン」を紹介します。

  • 【1】男性が「ルフィって何歳だろ」と何気なく言った言葉に「17歳」と即答した

    「『なんで知ってんの!?』って驚かれた」(20代女性)と、深すぎる知識からマンガオタクだと気づかれた女性もいます。男性にも人気の作品なら、そこから話が盛り上がることも多いので、思いきって「私『ONE PIECE』には詳しいんだー」などと言うのもありでしょう。
  • 【2】カメラマンのことを「カメコ」と言ってしまった

    「コスプレの撮影会ではカメラ小僧を『カメコ』と言うので」(20代女性)というように、うっかり「オタク用語」を使って発覚するパターンです。「中の人(声優)」、「リア充(現実世界が充実している人)」なども、一般には耳慣れない言葉なので注意しましょう。