ソウルメイトと別れる意味とは|再会する前兆や復縁する方法も解説

ソウルメイトは強い絆で結ばれている相手のはず。しかし時に、別れを経験したり再会できなかったりと悪いことも起こります。そんなとき、早くに再会を果たすにはどうしたらいいのでしょうか?そんな疑問を持つ人に、会えない期間の過ごし方や復縁する方法を紹介します。

  • ソウルメイトと別れることの意味とは《前編》

    ソウルメイトと言えど、時には別れが訪れるもの。しかし、どんな別れにも何かしらの理由があるはずです。その意味を正しく理解することで、またソウルメイトと再会したり復縁できたりと、自分にとって良い変化が訪れるでしょう。

    まずは、ソウルメイトと別れることの意味について紹介します。

    学ぶことがなくなった


    ソウルメイトと別れるのは、相手から得られるものがないと判断したから。人は誰かと出会うことで、相手から何かを学ぼうとしたり、また実際に学んだりします。しかし、それは無限ではありません。相手から得られるものがなくなれば、それ以上の成長は見込めないでしょう。

    しかし、これが今生の別れというわけではありません。お互いに成長し合い、また相手に与えるものや学ばせるものが身に付けば魂は惹かれ合います。ソウルメイトはお互いを成長させる相手だからこそ、さらなる知識を身につけることで再び巡り合える可能性が高まるのです。

    そのため、別れたからと言って悲しむ必要はありません。お互いにとって必要なことと割り切れば、その別れも前向きに受け止められるでしょう。

    新しいステージに移行する時期


    人の魂は常に一定ではなく、何ステージかに分かれて成長すると言われています。ソウルメイトとの別れは、今のステージが終わり、新しいステージに移行する時期が来ているとも考えられるでしょう。新しいステージに移行するには、何かを手放す必要があるからです。

    例えば、手放すものは人との関わりや感情といったものであることも。そして、時には大切な人との絆という場合もあります。しかし、これは自らの魂が成長するためには必要なことですから、悲しむことはありません。

    そのため、別れを惜しむのではなく、更なる成長のためにと受け入れてみましょう。再び会うまでに成長するという前向きな気持ちを持つことで、再会も早まりますよ。

    お互いに成長するため


    別れは悲しいものですが、その悲しみは時に人を成長させます。また、魂の繋がりが強いもの同士の別れともあれば、より大きな成長へと繋がるでしょう。そのため、ソウルメイトとの別れは、お互いの魂を劇的に飛躍させるための出来事とも考えられます。

    ソウルメイトと一緒にいると、とても強い安心感が得られるでしょう。しかし、ずっと一緒にいてはそれ以上の成長が見込めないこともあります。お互いに高め合い助け合っていくという意味のあるもの同士だからこそ、同じ状況が続けば魂は役目を果たそうと反発するでしょう。

    大切な人との別れは時に大きな痛みを生みますが、死別でない限りはソウルメイトとは再び巡り合えます。未来への希望を持ち、その痛みを受け入れることが大切です。

    波長が合わなくなった


    ソウルメイトと別れることの意味は、主に成長や魂のステージ変化であることが多いです。しかし時に、人は悪い感情を抱えたり厄介ごとを背負い込んだりしますよね。こうしたことがあると、魂の波長は徐々にズレていくと考えられているのです。

    そして、どちらかの波長が合わなくなれば、共にいても楽しくないと感じるでしょう。「今のこの人と一緒にいてもだめだ」と魂レベルで理解してしまうので、やむなく別れを選んでしまうのです。とくに、けんか別れなどした場合には、こうした理由が考えられます。

    しかし、魂の波長は常に変動するものです。その人が持つ問題や悪いものが取り払われれば、再び魂は惹かれ合うでしょう。

    自分が持っている負の感情を捨てるため


    ソウルメイトは強い絆や使命で結ばれている相手だからこそ、時に執着や嫉妬といった気持ちを抱くこともあります。自分との繋がりが強いため、時に独占したいと思うこともあるでしょう。しかし、先述したように、こうした負の感情は魂の波長がズレる原因になることも。

    また、負の感情を持っていると自分の魂はどんどん淀んでいくものです。それによって相手が、「この人から学ぶものはない」と感じてしまうこともあります。こうしたことが積み重なれば、相手に「離れたい」と思われてしまうかもしれません。

    大切な人との別れは、こうした負の感情を捨てるための出来事とも言えるでしょう。清々しく前向きな気持ちを持ってこそ、2人の魂はまた惹かれ合いますよ。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)