レズビアンカップルの特徴や長続きの秘訣は?出会い方や悩みも紹介

レズビアンカップルには女性同士ならではの特徴があるのだそう。「レズビアンカップルが長続きするためにはどうすればいいんだろう?」と困っている方もいるのではないでしょうか。本記事では、レズビアンカップルの出会い、長続きの秘訣、結婚などに関する情報を紹介します。レズビアンカップルについて知りたい方は、参考にしてください。

  • レズビアンカップルについて徹底調査します!

    世の中にはさまざまな恋愛の形があり、レズビアンカップルもそのうちの1つ。最近は同性愛者に対する理解が深まり「身近にレズビアンカップルがいる」という方も多くなっているのではないでしょうか。

    本記事では、そんなレズビアンカップルについての情報を紹介します。レズビアンカップルとはどんなカップルのことを指すのか、レズビアン特有の悩みは何かなど、あらゆる情報をまとめたので参考にしてみてください。まずは、レズビアンに関する基本的な知識をチェックしましょう。

    そもそも「レズビアン」とは?


    レズビアンとは、女性の同性愛のことを指します。語源は、かつてギリシャの島レスボスで女性が同性愛を育んでおり、「レスボス島の女性=レスビア」と呼ばれていたことが通説となっています。

    ちなみに、世の中にはレズビアン以外にもセクシャルマイノリティと呼ばれている人たちがいるので、チェックしておきましょう。

    「LGBT」と呼ばれるセクシュアルマイノリティを表す言葉をご存知ですか?「L=レズビアン」「G=ゲイ(男性の同性愛)」「B=バイセクシュアル(同性と異性どちらも愛する)」「T=トランスジェンダー(自分の性認識と身体の性が一致していない人)」をそれぞれ指します。

    異性愛だけが全てではないと知っておくと、いろいろな生き方が見えてくるのではないでしょうか。

    「タチ」とは


    レズビアンのセックスを説明するときによく使われる言葉が「タチ」や「ネコ」という言葉です。レズビアン同士では当たり前の言葉になっていますが、それ以外の人たちにとっては「どんな意味なのだろう」と不思議に思うこともありますよね。

    「タチ」とは、セックスにおいて「抱く側」を指します。相手を感じさせることで喜びを得る傾向があると言えるでしょう。

    「ネコ」とは


    「ネコ」とは、セックスにおいて「抱かれる側」を指します。基本的に受け身で、タチの女性に体を委ねることが多いです。

    このように同じレズビアンで性的指向が合致していても、抱かれる側のネコと抱く側のタチで分かれるため、性的嗜好が合致しなければ試行錯誤しながらのセックスになります。例えば、ネコ同士のカップルだと、どちらも抱かれる側になってしまうので、セックスをしようとすると違和感を覚えてしまうこともあるでしょう。

    そのため、パートナーの性的嗜好に合わせて、ネコとタチのポジションを切り替えられる人もいます。このような立場の人を表すのが「リバ」という言葉です。ただ、リバにも好みはあるので、「ネコ寄りのリバ」といったように、曖昧さを回避して表すこともあります。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)