フレンチキスの意味やコツとは?事前準備や最適なシチュエーション

あなたは本当のフレンチキスの意味をご存知でしょうか。この記事では、フレンチキスの意味やフレンチキスの仕方、コツや注意点、おすすめのシチュエーションなどを紹介していきます。フレンチキスをしたい、フレンチキスを上手くする自信がないという人は、ぜひチェックしてくださいね。

  • 「フレンチキス」ってどんなキス?

    恋愛における愛情表現の1つとして「キス」があります。小さな子供が無邪気に行う可愛らしいキスから思春期の爽やかなキス、大人の深い情熱的なキスなど、キスの種類は1つではありません。その中でも「フレンチキス」とは、いったいどのようなキスなのでしょうか。

    フレンチキスの本来の意味


    「フレンチトースト」のように日常会話でも使われる爽やかなイメージの「フレンチ」という言葉ですが、フレンチキスはどちらかというと爽やかなものではありません。海外の映画のワンシーンのように、日中に屋外で堂々としているキスはフレンチキスではないのです。

    フレンチキスとは、舌を絡め合う濃厚なキスのことであり、思春期というより大人のキスだと言えるでしょう。日本では「フレンチキス」というと、言葉のイメージから軽めのキスだと思う人が比較的多いため、恋人や配偶者である相手がどちらの意味で捉えているかを確認しておいた方が無難です。

    本来の意味でのフレンチキスは、堂々と人前でできるものではないと言えます。

    フレンチキスの言葉の由来


    フレンチキスの言葉の由来ですが、諸説あるため、ハッキリこれが由来だと断言できるものはありません。

    有力な説は、情熱的なキスをしながら愛情表現をするフランス人の姿を、敵対するイギリス人が見て、嘲笑するように「フレンチキス」と表現するようになった説です。他には、アメリカ占領下にあった日本で、アメリカ人が挨拶でするキスのことを「フレンチキス」と表現した名残から「フレンチキス=軽めの挨拶」というイメージが定着した説もあります。

    情熱的なキスであるフレンチキス、軽めの挨拶程度のキスであるフレンチキス、解釈が両極端なため、日本では混同してしまう人が後を絶たないのかもしれません。本来の意味は舌を絡め合うような濃厚なキスのことだと覚えておいてください。

    フレンチキスとディープキスとどう違う?


    ディープキスは、フレンチキスと同じように舌を使う情熱的なキスのことであり、長めのキスのことを表現します。日本では、フレンチキスとディープキスは正反対のものだと捉えがちですが、本来の意味合いとしては、さほど違いがあるわけではありません。

    日本で、情熱的なキスと言えば「ディープキス」です。「深い」という意味を持つディープが言葉に入っているため、ディープキスという単語を知らない人が聞いても、何となく情熱的なキスであることが分かると言えるでしょう。

    日本では「フレンチキスは軽め」「ディープキスは濃厚」と捉えられがちですが、言葉の持つ意味としては「フレンチキス=ディープキス」だと認識しておいてください。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)