デート後のLINEは男性と女性どちらから?送るポイントを徹底紹介

デート後のお礼LINEは、男女どちらから送るのが正解なのでしょうか?この記事では、デート後のLINEにまつわる疑問を解決すべく、デート後のLINEで押さえておくべきポイントや、デート後のLINEで脈あり・脈なしを見極める方法をご紹介します!

  • デート後のLINEは男女どちらが送るべき?

    デートで楽しい時間を過ごした後は、相手にお礼のLINEを送るのが自然な流れですよね。多くの人が、デート後には「今日はありがとう。楽しかった」といったLINEを送るようにしているのではないでしょうか。

    一方でデート後のLINEについて、「男女どちらから送るべき?」「どういう内容で送ればいいの?」という疑問を抱いている人もいるでしょう。

    そこで、この記事では、デート後のLINEの基本についてご紹介します。デート後のLINEの基本を押さえ、デートの内容や2人の関係性に応じて活用してみてくださいね。

    男女どちらからでもOK


    まず基本として、デート後のLINEは男女どちらから送ってもOKだと覚えておきましょう。「デートが楽しかった」という感謝の気持ちは、誘った側から伝えても、誘われた側から伝えても良いものです。

    2人で楽しい時間を過ごせたのであれば、自然と感謝の気持ちが湧いてくるはず。感謝の気持ちは、相手よりも先に伝えて悪い印象を与えることはありません。相手からのLINEを待つより、自分から先に伝えた方が好印象を与えられるでしょう。

    男性からでも女性からでも、デート後のお礼LINEは積極的に送ることが大切です。

    気持ちを伝えることが重要!


    デート後のLINEは、「今帰ったよ」のような報告で終わってしまわないことも大切です。デートが楽しかったたことや、相手に対する感謝の気持ちを伝える内容を盛り込みましょう。

    デート後は誰しも、「相手は楽しめていただろうか」「また誘ってもいいかな」という少しの不安も抱えているものです。デート後にお礼のLINEを送ることで、相手はあなたがデートを楽しんでいたことを再確認できるでしょう。

    そのためデート後のLINEは、ポジティブな内容であることも重要です。「楽しい」「嬉しい」といった気持ちが印象に残るLINEを心がけましょう。

    返信がこなくても催促はNG


    デート後のLINEに返信が来ないと、つい不安から相手に返信の催促をしたくなってしまうものです。しかし、お礼LINEの返信を催促するのはNG。相手の都合を考え、すぐに返信が来なくても焦らないようにしましょう。

    LINEの返信がすぐ来なかったからといって、相手があなたを無視していると考えるのは早計です。LINEを送ったタイミングによっては帰宅の途中かもしれませんし、他の用件で手を離せない場合もあるでしょう。

    デート後のLINEは、あなたの感謝の気持ちが伝わればOKと考えてくださいね。次のデートに繋げるためには、相手のペースを配慮する気遣いも必要ですよ。

    デート後の気持ちが冷めないうちに


    デート後のお礼LINEを送るタイミングに決まりはありませんが、デート後の盛り上がった気持ちが冷めないうちに送るのが、一つの目安です。お礼の気持ちを伝えるのは、なるべく早いタイミングが良いでしょう。

    デート後の帰宅途中や帰宅後、帰宅が遅くなった場合は翌日など、デートの楽しい気分の余韻がまだ残っているタイミングがベストです。お礼のLINEにも楽しい気持ちが込めやすくなりますし、相手にも気持ちが伝わりやすいでしょう。

    デートしてから数日・数週間も経ってからのお礼LINEは、お互いの気持ちも冷めてしまうのでオススメできません。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)