回避依存症とは?男女別の特徴や診断チェック!付き合い方も徹底解説

  • 回避依存症の女性との付き合い方

    回避依存症の女性と付き合うためには、ある程度の距離を置いたり感情的にならないようにしたりすることが大切です。こちらでは、回避依存症の女性との上手な付き合い方について詳しく解説します。

    不満は遠回しに伝える


    回避依存症の女性と上手に付き合うには、不満に思ったことをストレートに言わないことも大切です。

    友達やパートナーに対して、不満に思うことがあるのは自然なことですよね。しかし、回避依存症の女性は人一倍繊細な性格をしているため、自分の悪いところをストレートに言われるとかなり傷つきます。

    それどころか、自分に不満を持っている人は自分のことが嫌いな人だという考えに辿り着いてしまうことも多く、不満をぶつけられると心まで閉ざしてしまう可能性もあるのです。

    ここまでくると関係の修復が難しくなってしまうため、回避依存症の女性に不満を感じた時は遠回しに優しく伝えるようにしましょう。

    一定の距離を保つ


    一定の距離を保ちながら接することも、回避依存症の女性と上手に付き合う方法の一つです。

    回避依存症の人は、パートナーと一緒に過ごすことが苦手な傾向にあります。ベタベタとくっ付いたり、イチャイチャして過ごしたりするのはもっと苦手です。決して相手のことが嫌いだからというわけではなく、一定の距離感をキープしておかないと自分の精神を保つことが難しいのです。

    そのため毎日のように会おうとする等、自分の都合だけを押し付けるような交際の仕方はNG。急展開を望むような行動をすると回避依存症の女性は逃げ出したい気持ちになってしまうため、相手の気持ちに寄り添って一定の距離を保つことが大切です。

    信用してあげる


    回避依存症の人の特徴として「急に連絡が途絶えてしまう」ことが挙げられますが、だからと言って相手の行動を縛りつけようとするのはNGです。嫉妬心や不安感からつい制限するような言葉を言ってしまいたくなりますが、回避依存症の女性は束縛や干渉をされるのが非常に苦手です。

    束縛や干渉をされていると感じると、パートナーへの気持ちが冷める可能性が高まります。その状況までいってしまうと、気持ちを取り戻すことは難しいでしょう。

    回避依存症の女性は信用されていることがわかると、その気持ちに沿った行動をしてくれます。上手に付き合うためには、たとえ不安なことがあっても信用してあげることが大切です。

    話し合いは冷静に対応する


    回避依存症の人は人と関わることを避ける傾向がありますが、その理由の一つに「争いごとが苦手」ということが挙げられます。他人との衝突を経験する人は多くいますが、回避依存症の人は争いごとが苦手なので本音を隠したがります。

    にもかかわらず、相手から感情的に気持ちをぶつけられると、嫌気がさして逃げ出そうとするでしょう。そのため、回避依存症の女性と話し合いをする時は感情的にならないよう注意してください。相手の意見も受け入れつつ、落ち着いて冷静に対応することが大切です。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)