回避依存症とは?男女別の特徴や診断チェック!付き合い方も徹底解説

  • 回避依存症の男性との付き合い方

    回避依存症の男性と付き合うためには、恋愛における基本的なマナーを守ることが重要です。慣れが生じて基本的なマナーを無視しまうと、関係がうまくいかなくなる可能性があるので注意しましょう。こちらでは、回避依存症の男性との上手な付き合い方について詳しく解説します。

    彼が心を開くまでゆっくり距離を縮める


    特徴からもわかるように、回避依存症の男性は素直な自分をさらけ出すことが苦手です。そして、相手から積極的な態度で好意をアピールされると逃げ出したくなります。回避依存症の男性が、急展開を迎えるような恋愛をすることはほぼゼロに等しいのです。

    回避依存症の男性と上手に付き合うためには、心を開いてくれるまでゆっくりと距離を縮めることが大切です。好きな人と近づきたいと思うのは自然なことですが、相手によっては積極的に動くことは返って逆効果になってしまうこともあるので注意しましょう。

    安心感を与えてあげる


    回避依存症の男性と上手に付き合うには、安心感を与えてあげるようにしましょう。回避依存症の人は親密な関係になった途端に連絡が途絶えることがありますが、距離をとって精神を保とうとしているだけで、決して気持ちが無くなったわけではありません。

    そのため、連絡が途絶えたと同時にこちらからの連絡も怠ってしまうと、「見捨てられたかも…」という気持ちにさせてしまいます。回避依存症の男性は、一旦彼女との距離を取りたいけれど孤独になりたいわけではないのです。

    ですので、相手からの連絡が途絶えてもこちらからは定期的に連絡を入れるようにしましょう。その際は「大切に思っている」ということを伝えて安心感を与えてあげると良いですよ。

    行動を否定しない


    回避依存症の男性との交際は、理解しがたい行動が多いのも確かです。LINEをして既読になったのに返信がこなかったり、昨日まで仲良くしていたのに急に避けるような態度を取られたり。干渉されるのを極端に嫌ったり、本音を話してくれなかったりといったこともあるでしょう。

    そんな相手に不満や怒りを感じる人もいるかと思いますが、だからと言って行動を否定するような発言をすると、一気に距離を取られてしまいます。理解しがたい行動に戸惑う気持ちもわかりますが、これらの行動には全て原因があるということを受け止めてあげることが大切です。

    仕返しをしない


    回避依存症の男性と付き合う場合は、仕返しを考えないようにしましょう。上述したように、回避依存症の人は「親密な関係になったと思った途端に冷たくなる」ということが多くあります。

    そのため、急に連絡が途絶えてしまうこともあるでしょう。しかし、これは駆け引きを楽しんでいるのではなく、あくまで回避依存症の人の性格です。

    それにもかかわらず、同じように連絡を無視したり、約束をしていたのに電話に出なかったりといった仕返しをすると、さらに避けられてしまう可能性があります。相手から信頼してもらうためには待つことが大切です。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)