夢占いで「バナナ」が意味するものとは?|食べる/滑る/貰うなど

皮をむけば手軽に食べられ、エネルギー補給にも役立つバナナ。最近は朝食にバナナをプラスするのが人気です。そんなバナナの夢を見たら意味が気になりませんか?今回は、バナナの夢を夢占いで徹底解説!食べるのは勿論、貰ったり滑ったりと様々なシチュエーションをご紹介します。

  • 夢占いで「バナナ」の夢は何を意味する?

    バナナ好きな人なら、夢の中にバナナが出てきたら「バナナが食べたくなってきた…」となるのではないでしょうか。一方、あまりバナナが好きではない人なら「なぜバナナの夢を見たのだろう?」と気になりますよね。

    そこでまずは、夢占いでバナナの夢は何を意味するのかを紹介していきます。

    夢占いでは運気が上昇する前兆


    夢占いでは、バナナの夢は「幸運」や「運気が上昇する前兆」を意味しています。

    バナナはカロリーが高いというイメージがありますが、実は1本あたりおよそ86キロカロリーと意外と少なめ。バナナは糖のバランスが非常に良いのが特徴で、脳に欠かせないブドウ糖や果糖などが含まれており、血糖値が上がりにくく緩やかに体内に吸収される優れた果物なのです。

    またビタミンや食物繊維なども含まれており、美容や健康にも良いと言われています。そんな栄養豊富なバナナは、夢占いでは「幸運」や「運気が上昇する前兆」と解釈されます。

    出典・スミフル公式サイト「専門家にお聞きしました!「バナナの栄養」」
    https://www.sumifru.co.jp/trivia/nutrient-comment/

    経済的に豊かになる暗示


    バナナの夢占いで嬉しいと感じるもう一つの意味は、経済的に豊かになる暗示だということです。

    バナナは木にたくさんの房を実らせますので、その姿から夢占いでは経済的な豊かさの象徴とされています。そのため、夢に出てきたバナナの数が多ければ多いほど、経済的に豊かになる暗示だと言えるでしょう。さらにバナナの大きさも、大きければ大きいほど豊かになることを暗示しています。

    スーパーで売られているバナナはたいてい1房4~6本ですが、バナナは通常、1房に22~24本ほどついているとされます。今やあまりお目にかからなくなりましたが、夢占いの意味を知ったからには、夢の中ではぜひともバナナの叩き売りを見たいところですね。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)