フィーリングが合うと思う瞬間とは?合わせる方法なども徹底解説!

フィーリングが合う人とは、良い関係を築きやすいと言われています。しかし「フィーリングが合うとは何?」と迷っている方は多いのではないでしょうか。本記事ではフィーリングが合う瞬間や見極め方を紹介します。良い人間関係を築きたい方は、参考にしてください。

  • そもそも「フィーリング」とは?

    初対面の人に対して「この人とは何だかフィーリングが合うな」と感じたことはありませんか?フィーリングが合う人と一緒にいれば、ストレスを感じることなく相手との時間を楽しむことができますよね。

    またフィーリングが合うことは恋愛においても重要なポイントです。フィーリングがぴったりな相手と出会うことができれば、幸せな恋愛を楽しむことができるのではないでしょうか。

    本記事では、フィーリングが合う瞬間について紹介します。フィーリングが合う人と出会って、良い人間関係を作りたいときに参考にしてみてください。まずはフィーリングが合うとはどういう意味なのか、具体的にチェックしていきましょう。

    「フィーリング」の意味


    フィーリングとは、「直感的なもの」や「本能的なもの」を意味する言葉とされています。なんとなく感じている空気感や雰囲気的なもので、その感覚を言葉で言い表すのは難しいのが特徴です。

    そのためフィーリングが合う人と出会ったとしても、相手のどこが良いのか具体的に例を挙げるのは難しいとされています。フィーリングが合うとは、「どこが良いのかはっきりとわからないが好感を持った状態」「気が合う状態」を意味すると言えるでしょう。

    直感的なものであるからこそ、フィーリングが合うと感じた人に対しては自然と親しみを感じられるようになります。一方でフィーリングが合わない人に対しては居心地の悪さを感じる傾向があるでしょう。

    出典:feeling(フィーリング)の意味 - goo国語辞書
    https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0/

    「フィーリング」の使い方


    フィーリングという言葉は、さまざまな場面で使うことができます。特によく使われるのが、恋愛や人間関係です。例えば「××とは出会った時からフィーリングが合い、すぐに恋に落ちた」や、「○○さんはフィーリングが合わないので、なるべく近寄らないようにしてる」といったように使えます。

    また人に対してだけでなく、場所や物に対してもフィーリングを使うことは可能です。「この場所は初めて来たとは思えないくらいフィーリングが合う」「この絵はフィーリングが合うから、ぜひ欲しい」などの使い方ができます。

    フィーリングとは、自分の目の前のものに対して直感的に合う・合わないの感情を表すときに使える言葉と言えるでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)