長続きしないカップルとは?行動/会話/LINE/など特徴をご紹介

  • 長続きしないカップルの特徴≪その他編≫

    長続きしないカップルには、その他にもいろいろな特徴があります。もし当てはまることがあったら、長続きしない悪循環にはまっている可能性もあるので気をつけてください。

    今までの交際を振り返りながら、長続きしない特徴ついてチェックしていきましょう。

    セックスの相性が良くない


    体の相性は、カップルが長続きするかしないかのキーポイントになる可能性があります。セックスに対して淡白な考えを持っているカップルなら良いですが、「体の相性が良くなければ、相手とやっていけない」と考えている場合は大きな問題になるでしょう。

    付き合った後に初めてセックスをして「合わないな…」と感じたら、相手に対して満足感が得られないかもしれません。体の関係を持つたびに満たされない気持ちになると、「もっと他に相性が良い人がいる」と思うこともあるでしょう。

    次第に「性格は合うし悪い人ではないけど、セックスが良くないから別れたい」と考えるようになり、長続きしないカップルになってしまいます。

    相手にしてもらう事しか考えていない


    カップルは、お互いにギブアンドテイクの気持ちを持つことが大切。相手に何かしてもらったら自分もお返しをすることで、良好な関係を築けるのです。相手にしてもらう事しか考えていないと、長続きしないカップルになる可能性が高くなるでしょう。

    何かしてもらう側は満足できますが、常に相手のために尽くしている側は「どうして自分だけ頑張らなくてはいけないんだ…」と思うことが多くなります。徐々に相手のために何かするのが嫌になり、関係が悪化していくでしょう。

    「やってもらうのが当たり前」と思っている人は、どんな人と付き合っても長続きしないと考えられるので、気をつけてくださいね。

    気を使いすぎている


    カップルは、お互いに自然体でいることで心地良い関係を築くことができます。相手に対して気を使いすぎていると、精神的に疲弊し「一緒にいるのがしんどいな」と思うようになるでしょう。本当は相手のことが好きなのに、時間を共有するのが辛くなるのは悲しいことですよね。

    付き合い始めの頃は、まだお互いに慣れていないので気を使うこともあるでしょう。しかし、恋人関係になってからそれなりに時間が経っているにもかかわらず気を使いすぎて他人のような雰囲気が抜けないと、「一緒にいるのに楽しくないな」と感じる原因になります。

    誰かに気を使うことが多い人は、恋人と一緒にいる時くらいは気を抜くようにした方が良いでしょう。

    熱しやすく冷めやすい


    熱しやすく冷めやすい人は、付き合い始めの頃は「恋人のことが大好き!」と思っていても、しばらくするとすぐに「そんなに好きじゃないかな」とトーンダウンすることが多いです。気持ちが冷めると他の異性に目がいくようになり、恋人との関係が長続きしないことも。

    一時的な恋愛感情だけに流されていろいろな人と付き合っていると、「あの人っていつも長続きしないよね」と周りから言われてしまう可能性があります。相手と付き合うかどうか決める場合は、本当に自分の気持ちが続くのかしっかり考えることが大切です。

    「心の底から好きだと思える人でなければ付き合わない」と決めて、冷静に判断していきましょう。

    価値観が違う


    根本的な価値観が違うと、カップルの間で意見の違いが起きやすくなります。仕事や家族、友達など、いろいろな観点で価値観の違いを感じるようになり「この人と一緒にいても、ギクシャクするばかりで嫌だ」と思うことが増えるでしょう。

    お互いの価値観が一致していることは、カップルが長続きするかしないかの重要なポイントです。「見た目が好みだから付き合おう」と思って付き合っても、価値観が合わないとすぐに別れてしまうことになるかもしれません。

    相手の外見だけでなく内面もしっかりと見極めることで、「付き合う人を間違えた」と後悔することはなくなるはず。付き合う前に話す機会を増やして、判断するようにしてくださいね。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)