厄年に結婚するのは避けた方がいい?厄年の意味や気を付けたいことも

  • 結婚以外に厄年に注意した方が良いことは?

    厄年に注意したいことは結婚だけではありません。昔から、厄年には生活の大きな変化を避けた方が良いとされていました。

    ここからは、厄年の人が結婚以外に注意したことが良いことをご紹介します。

    就職・転職


    就職や転職は、人生を変える可能性もある大きな転機です。かつての日本では、厄年の就職や転職は避けた方が良いとされていました。

    しかし多くの女性が仕事を持つ現在、厄年だからといって、好きな仕事やキャリアを積むチャンスをフイにするのはもったいないですよね。厄年が気になる人は神社やお寺でしっかり厄除けをしてもらい、慎重に仕事を選ぶようにしましょう。

    出産


    厄年の変化は本来は避けた方が良いとされていますが、厄年の出産に関しては「厄を落とす」として、縁起が良いとする説があります。

    また出産したのが男児であれば厄落とし、女児であれば母親の厄が赤ちゃんに移ると考える地域もあります。その場合、女の子が生まれたら道に赤ちゃんを置いて、人に拾い上げてもらうことで赤ちゃんの厄払いをするそうです。

    新居の購入


    新居の購入や新しく家を建てるのは、厄年から期間をあけた方が良いといわれています。厄年は仕事や家庭の疲れや体調不良などで、ネガティブな思考になりやすいためです。

    家は住む人の健康や精神にも大きな影響を与えます。もし購入した家に不備があったら、夫婦や家族の仲にも悪い影響が出たり、後悔したりすることになってしまうでしょう。

    心に余裕がない時は重大な決断は避けた方が無難ですね。

    何かを新しく始める


    厄年に生活スタイルを変えたり、新しく大きな買い物をしたりするのは控えた方が良いとされています。

    新しいことを始めるのはメリットもありますが、リスクも付きもの。災いが起こりやすいとされる厄年の時期に始めるのは避けた方が良い、という考えのためです。

    厄年に何かを始めたり大きな買い物をしたりする場合は、いつもよりもさらに慎重な行動や決断を心がけましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)