厄年に結婚するのは避けた方がいい?厄年の意味や気を付けたいことも

  • 厄年に結婚するのが気になる時は≪前編≫

    一生に一度の結婚なのに、厄年が原因で不幸になったなどと考えたくないですよね。しかし結婚を何年も伸ばすのは避けたいですし、婚約者が納得してくれるかどうかもわかりません。

    厄年に結婚するのが気になる時の対応をいくつかまとめてみました。「結婚はしたいけど厄年が気になる…」という人は、ぜひ一読してくださいね。

    お寺・神社で厄除けをしてもらう


    厄年だからといって結婚が禁止されているわけではありません。厄年に結婚する人も、実はたくさんいるようです。

    厄年に結婚する人は、お寺や神社で厄除け、厄払いをしてもらって式を挙げる人が多いです。きちんと厄除けをしてから結婚すれば、厄にとらわれずに進むことができますよね。

    家を建てるのは控える


    結婚して夫婦で新生活を始めるには、一緒に住む場所が必要です。自分たちで新居を建てたいという人もいるのではないでしょうか。

    しかし、厄年に家を建てたり購入したりするのは避けた方が良いとされています。そのため新居の計画は、厄が明けるのを待ってから行うと良いでしょう。

    新婚旅行は厄が明けてから行く


    厄年の期間は思わぬトラブルやケンカ、病気などが起こりやすいといわれています。旅行先でトラブルに巻き込まれたり、病気や大ケガをしたりしては、せっかくの新婚旅行が台無しですよね。

    厄年が気になる人は、一生の思い出となる新婚旅行を楽しく過ごすためにも、厄が明けてから行く方が良さそうですね。

    夫婦二人でゆっくりする時間をとる


    新しい生活では、二人でいろいろなことに挑戦したり友達を家に招待したりと、やりたいことはたくさんあるでしょう。しかし厄年の間は、あまり手を広げすぎない方が良いかもしれません。

    厄年はトラブルや災いが起こりやすい期間なので、夫婦でゆっくり過すことを心がけましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)