厄年に結婚するのは避けた方がいい?厄年の意味や気を付けたいことも

厄年には災いが多く、結婚や就職は避けた方が良いとされています。しかし、結婚を予定している年が厄年と重なってしまったら、どうしたらいいのでしょうか。この記事では厄年の意味や種類、厄年に該当する年齢などの基礎知識から、厄年に結婚するのが気になる場合の対処法などについてご紹介します。

  • そもそも「厄年」って一体なに?

    男性と女性の厄年の年齢や、厄年の意味を知っていますか?

    古来から日本では「厄年」とされる年齢があります。厄年には結婚や就職など、人生を左右する大切なことを決めたり行ったりするのは避けた方が良いとされてきました。しかし、それにはどのような理由があるのでしょうか。

    ここではまず、厄年の意味や由来、男性と女性の厄年の年齢について解説していきます。

    「厄年」の意味


    「厄年」とは、災難や病苦などの災いに遭いやすい年齢のことで、平安時代から存在していた習慣とされています。

    令和元年の日本人の平均寿命は男女共に80代ですが、かつては「人生50年」などといわれるほど短命でした。そのため昔の人は就職、結婚、出産、退職といった人生の節目をとても大切にしていました。

    しかし、そのような時期には予期せぬ災難や体調不良が増えやすくなります。そのため神社仏閣でお祓いをしてもらい、自重して慎重に行動したり病気や怪我に気をつけたりしていたのです。

    その習慣は現在も残り、新年や節分などに厄除け祈願を行う人はたくさんいます。また、厄年の間は就職や転職、結婚、家の購入などを避ける人もいるようです。

    厄年の数え方は?


    厄年は満年齢ではなく「数え年」で数えます。「数え年」の年齢は母親のお腹に命が誕生した時から数えるため、生まれてきた年を1歳とし、その後、お正月を迎えるごとに年を重ねるように数えます。

    つまり、「数え年」は誕生日前は満年齢に「2歳」を、誕生日が過ぎたら「1歳」を足した年齢となります。

    ちなみに生まれた年を「0歳」とし、誕生日ごとに1歳ずつ増える年齢のことは「満年齢」と呼びます。

    女性の「厄年」


    一般的に「厄年」とは、「本厄」の年を指します。地域によって多少違うようですが、女性の本厄は19歳、33歳、37歳、61歳で、中でも33歳は災厄に遭いやすい「大厄」とされています。

    19歳は進学や就職で環境が大きく変わりますから、大人としての変化が表れる年ですね。さらに33歳、37歳は仕事に結婚や出産、子育てなどが加わり、生活スタイルが大きく変わることでしょう。

    37歳を厄年としない地域もありますが、30代で2回の本厄があるとして、本厄の前後を指す「前厄」「後厄」を含むと、女性の30代は半分以上の年が厄年となっています。

    61歳は満年齢では還暦の年です。昔でいえば老人の仲間入りをする年ですから、仕事や家庭の環境だけでなく、心身共に大きな変化があっても不思議はありませんね。

    男性の「厄年」


    男性の本厄は25歳、42歳、61歳で、「大厄」は42歳です。25歳、42歳の男性といえば社会に出て仕事を任されたり、結婚して父親になったりと大人としての責任が増す一方で、身体的な変化が表れ始める年齢ですね。

    男性の数え年の61歳も本厄の年です。満年齢では還暦を迎える年ですから、人生の節目の年と重なっています。仕事を退職して、第二の人生を迎える人もいることでしょう。

    出典:
    厚生労働省『令和元年簡易生命表の概況 主な年齢の平均余命』(2019年)
    https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life19/dl/life19-02.pdf

    神社本庁『厄払いについて』
    https://www.jinjahoncho.or.jp/omairi/gyouji/yakubarai

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)