10ヶ月記念日の最高な過ごし方!プレゼントや倦怠期の対策も紹介

付き合って10ヶ月のカップルはどんな付き合いになるのでしょうか?こちらでは、よくある10ヶ月カップルの特徴や、あるある体験談をご紹介。また、10ヶ月の記念日におすすめしたい過ごし方やプレゼント、10ヶ月以降もずっと仲良しでいるための秘訣を解説します。

  • 付き合って10ヶ月のカップルの特徴とは?

    10ヶ月記念日を迎える頃にはお互いのことは大体知っているし、新しい発見もなく落ち着いてきた頃ではないでしょうか。

    また、デートにも新鮮さを見失いかけている時期と感じるカップルが多く、いわゆる「倦怠期」を迎えているカップルが多くなる頃です。

    では、具体的にいうと付き合って10ヶ月記念日のカップルには、どのような特徴があるでしょうか?こちらに付き合って10ヶ月のカップルによくある特徴をまとめてみました。

    お互いを尊重し合える仲


    付き合って10ヶ月記念日が過ぎる頃には、お互いのことを大体分かり合えてくる頃。分かり合えているからこそ、自分にはない良い部分や尊敬できるところをお互いに尊重し合える関係になっていることでしょう。

    付き合い始めた頃は「私達よく似てるね」と言っていたものが、付き合いを重ねていくと違うところは全く違うということに気が付き、「こんなにすごいものを持った人だったんだ」と気付かされることも。

    10ヶ月記念日を経て、その違いに気付くことができるようになると、お互いに尊重し合える仲に変化するのです。

    新鮮さがなくなる


    付き合い始めの頃は、ちょっと体が触れたり手を繋いだだけでもドキドキしていたのに、付き合って10ヶ月記念日を過ぎる頃にはほとんどドキドキせず、新鮮さを感じなくなるのが特徴です。

    付き合って10ヶ月になると、10ヶ月の間に会う回数にもよりますが、キスもセックスもあまり新鮮みがなく、マンネリを感じることもあります。「異性」としてではなく、まるで「家族」のような安定した安心感を得られる存在になりがちなのが、付き合って10ヶ月なのです。

    LINEメッセージが適当になる


    付き合ったばかりのころは、LINEメッセージひとつにも慎重になり、どんな風に送ったら相手が喜ぶか、自分を良く見せられるのかを考えながら送っていた…という人は多いのではないでしょうか。

    しかし、付き合って10ヶ月記念日を迎える頃には、だんだんとメッセージの内容が適当になり、絵文字や顔文字を使わなくなったり、短文になったりという変化が見えるようになってきます。

    メッセージが適当というよりは、お互いが一緒にいることが当たり前になり、自分を作って表現する必要がなくなったのでしょうね。

    デートの回数が減る


    付き合って1ヶ月や2ヶ月記念日の頃は、お互いに「たくさん会いたい!」と思っていて、頻繁にデートをしていたカップルは多いのではないでしょうか。

    付き合い始めの頃はとにかく恋人のことが大好きで仕方なく、何度だってデートをしたいのでしょうね。または、何度も会わないと気持ちが冷めたり、浮気をしないか不安になってしまうとも考えられます。

    しかし、付き合って10ヶ月記念日にもなるとお互いに「好き」の気持ちが落ち着いて安定します。相手への気持ちが薄れたのではなく、「ちゃんと好き合ってるから大丈夫」と安心している状態です。

    そのため、頻繁に会う必要はないと感じるようになり、デートの回数減らす傾向も。今まで休日は全部デートだったという人も、恋人と付き合って10ヶ月記念日を過ぎると、ときには自分のためだけに休日を使うという風に余裕ができてきます。

    デートで色々な場所に行かなくなる


    最初のうちは恋人に良いところを見せたくて、張り切ってデートの計画を立てたり、大好きな恋人と色々なところに行きたくてオシャレな飲食店、デートスポットの提案をすることがあります。

    しかし、付き合って10ヶ月記念日を過ぎるくらいになると、だんだんと「好きな人と一緒にいられれば良いか」という気持ちが大きくなり、張り切ってデートの計画をすることが減ってくるんです。

    一緒にいられたらいいと考えるので、どこかに出かけるよりも、デートの回数を減らしたり、どちらかの家にお泊りするだけのお家デートをするようなことが増えてきます。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)