「世間知らず」ってどんな意味?|診断から克服方法まで徹底解説!

この記事では、「世間知らず」の意味やそうした人に見られる特徴などを紹介していきます。世間知らずだなんて、誰だって言われたくない言葉なのではないでしょうか。しかし、自分のふとした行動によって、不名誉な呼び名がつけられてしまうことも。それを避けるためにも、克服法を知っておきましょう。

  • そもそも「世間知らず」とは?

    世間知らずという言葉がありますが、そもそもどういった状態や人を指す言葉か知っていますか?

    世間知らずな人の特徴を知る前に、まずは基本的な意味について知っておきましょう。

    「世間知らず」の意味


    世間知らずとは、簡単に言えば「世を知らず、そして疎く、経験も浅い」といった言葉です。常識や知識、そして経験のなさを示す言葉だからこそ、「世間知らず」なんて言われるのは誰だって嫌でしょう。

    また、世間知らずという言葉は身勝手なさまに対して使われることもあります。例えば、責任感を持たない、ルールを守らないといった人に対しても使われるのです。現代では広い意味を持つ言葉として使われていますが、どれも悪い意味と言えるでしょう。

    そのため、「世間知らず」と言われたら自分を振り返ることが大切です。言われてしまうような部分があるのだと振り返ることで、より人から認められるようになるでしょう。

    経験が浅く、世の中の事情にうといこと。また、その人やそのさま。世間見ず。
    https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E4%B8%96%E9%96%93%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9A/

    「世間知らず」の類義語


    世間知らずとは、「世を知らず経験が浅いこと」を意味している言葉です。これに似た言葉として、「常識知らず」「温室育ち」「箱入り」などが挙げられます。どれも常識やマナーがなっていないことを示す言葉なので、言われると傷ついてしまうでしょう。

    また、他にも「非常識」「未熟」なんて言い方も。どれも自分の弱さを指摘する言葉だからこそ、こうした言葉をかけられたら憤るのではなく、自分を振り返ってみましょう。

    ここで憤って反論しても、さらに印象を悪くさせるだけといえます。より大人の対応をするためにも、冷静になって言葉を受け止めましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)