目が小さいのが悩み…|目が小さい原因や目を大きくする方法をご紹介

  • 目が小さい人の特徴とは?

    顔の印象を明るく華やかに見せる大きな目は、美しい女性の必要条件になりつつあります。多くの女性が大きな瞳に憧れを抱いていますが、人によって目の形や大きさの種類は様々です。そもそも「目が小さい」と思われている人の目にはどのような特徴があるのでしょうか。

    「自分はあの子と比べて目が小さい…」「あの子みたいに目を大きくしたい!」と思っている人は、まず小さい目の特徴を知っておくと良いでしょう。目が小さく見える原因がわかれば、努力次第で目を大きくすることができますよ!

    一重まぶた


    一重まぶたの人は、二重まぶたの人と比べて目が細く、腫れぼったいといった印象を与えます。「目つきが悪い」「起きているのか寝ているのかわからない」などと言われるのも一重まぶたの特徴です。

    そもそも目を開けたり閉じたりする動きは、目のまわりにある「眼輪筋」という筋肉の奥にある「眼瞼挙筋」というまぶたの筋肉が収縮され、「瞼板」というまぶたの縁にある軟骨のような組織が持ち上がったり下がったりすることにより成り立っているそうです。

    「眼瞼挙筋」が一カ所で「瞼板」と接合しているまぶたは、まぶたを開く時にまぶたが折れ込まれることがなく開くので一重になり、まぶたの皮膚がまつ毛の生え際までかぶさってしまうため、開きが悪い腫れぼったい目の印象になります。

    目の幅が狭い


    たとえ二重まぶたであっても、目の幅が狭いと小さな目に見られがちです。目の横幅は目頭から目尻までの幅ですが、目の横幅が広いと目が大きく華やかに見えます。横幅が狭いと子供っぽく見られ、広いと大人っぽい印象になります。

    縦・横ともに大きく切れ長でふっくらとした形の「アーモンドアイ」と言われる目が一番人気の理想の目の形だと言われています。目の幅が狭いと露出される眼球の部分が少なくなるので、目が小さく見えてしまいます。

    まつげが短い・薄い


    まつげも目の大きさを決める重要な役割を果たしています。まつげが濃く長い人は目力があり、はっきりとした顔の印象を与えます。

    だからこそ、女性が目元の化粧をするときに一番力を入れるのがまつ毛なのではないでしょうか。今ではまつ毛エクステやまつ毛パーマで目力をアップさせている人もたくさんいますよね。まつ毛エクステやまつ毛パーマさえしていれば、スッピンでもアイメイクをしているかのような目力のある顔になります。

    まつ毛が短く薄い人はどうしても目の印象が薄く、はっきりしない顔になってしまいます。「元気がなさそう」「体調が悪そう」と思われる原因にも、まつ毛の薄さが挙げられます。

    涙袋がない


    涙袋とは、下まぶたにあるぷっくりとした膨らみのことです。これはまつ毛の下の「眼輪筋」の盛り上がりによるものだと言われています。

    生まれつきこの筋肉が発達していて涙袋がある人もいれば、筋肉がとても小さく目立たない人もいて、涙袋の大きさは人それぞれです。涙袋があると、可愛らしい目の印象を与え大きな目に見えるので、最近ではメイクで涙袋を作っている人も多くいます。

    テレビで見かける人気女優やモデルたちは、みんな大きな涙袋があり、とっても大きく愛らしい目に見えますよね。今では涙袋が美人の条件になりつつあります。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)