男性とよく目が合うのはなぜ?心理や好意との見分け方を徹底解説!

男性と目が合うことが多いと、もしかして脈アリ?それとも勘違い?と気になってしまいますよね。そこで今回は、男性と良く目が合う理由について解説します。男性の心理や本音、また脈アリサインの見分け方についてじっくり確認しましょう。

  • 男性とよく目が合う!目が合いやすい男性の本音

    男性とよく目が合うと、なんでだろう…とその本音が気になりますよね。特に気になる男性がからの視線だと、「もしかして脈アリかも」なんて期待に胸を膨らませてしまう人もいるでしょう。

    目がよく合う理由はさまざまなものが考えられます。その中にはもちろん脈アリというものもありますが、別の理由から視線を送っているというケースも特別珍しいわけではありません。

    そのため男性とよく目が合う場合には、さまざまな理由を予め知り、その中から見極めていくことが大切なのです。そんな男性の視線を見極めるための参考として、まずは目が合いやすい男性の本音についていくつか解説していきましょう。

    なんとなく目で追ってるだけ!


    「特に深い意味はないです。よく顔を合わせることがあるなぁとか、よく飲む飲み物が一緒だなぁとか、本当に深い意味はないです。だから自分の場合は特定の誰かというよりかは、気になることがある人みんなに目を向けていると思います」(29歳/男性/事務)

    ただちょっとしたことが気になっているだけで、目が合うのには深い意味はない、という人もいます。実際よく会う人や共通点のようなものがある人がいると、思わず目で追ってしまうという人も多いのではないでしょうか?

    その場合は気になっている複数人に目を向けることが多いため、わかりやすいと言えるでしょう。

    好きな女性を見つめる癖があって…


    「昔から好きな女性がいると見つめる癖があります。自分では無自覚なのですが、周りから指摘されて気付くことも多くて…。たぶん結構な頻度で熱い視線を送っているのかなと思います」(30歳/男性/公務員)

    好きな人がいると無意識に相手に熱い視線を送ってしまう…というのはよくあることでしょう。あまりにも相手のことが気になってしまうと、他のものは手がつかず、ただ好きな人だけを追い求めてしまうのです。

    好みの子がいると無意識に…


    「好みの子がいると目で追ってしまいますね。可愛いなとか、綺麗だなとか思うこともあれば、髪型やファッションが好みの場合も目で追うことがあります。」(28歳/男性/販売業)

    好きではないけど好みの女性がいれば、自然と目で追ってしまうという男性も少なくありません。女性の中にも、好みの男性がいたらつい目で追ってしまう、チラチラ見てしまうという人もいるでしょう。

    明確な好意ではないものの、ただタイプというだけで視線を送る人はそう少なくないのです。

    気になるところがあるから


    「自分の場合は、服に糸くずがついてるのを見つけたり、個性的なファッションをしていたり、そういう気になるところがあって目で追ってしまうことはあります。特に独特なファッションの人はいつも新鮮に思って目で追っちゃいますね」(25歳/男性/サービス業)

    気になるところがあると目で追ってしまうという人は多いでしょう。たしかにこの男性のように、ちょっとその人自身の見た目で気になるところがあると、好意やタイプではなくとも気になって目で追ってしまうというケースは決して珍しくありません。

    その場合は特定の誰かから視線をもらうというよりも、複数人から見られていることのほうが多いかもしれませんね。
  • よく目が合う男性の心理とは?

    そもそもなぜ目が合うのだろう?とその心理が気になる人もいるでしょう。視線は心理を表すものと言われているため、まずはその心理に注目することで男性の本音に近づくことができるかと思います。

    そこで解説していくのは、よく目が合う男性の心理についてです。

    なぜ男性はよく目を合わせてくるのか、その秘密に迫っていきましょう。

    相手に興味がある


    相手に興味があるから目で追ってしまうというのは、代表的な心理だと言えるでしょう。好意に限らず、タイプだった、何か気になるところがあった、そういったことがあると人はその人に対し視線を送ってしまうものです。

    ただ、やはりその中でも最も多いのが「好きだから」視線を送るというものでしょう。他の理由の場合は多少目が合うだけで、継続的に目が合うことはあまりありません。好意の場合は好きでいる間ずっと気になり続けるため、よく目が合うと言えます。

    話したいことがある


    何か話したいことがあると、タイミングを窺うために視線を送ることはあるでしょう。こちらの様子に気付いてくれないのかな、という期待を込めて視線を送ることもよくあることですよね。

    特にこのタイプは自分からあまり話しかけられない人に多い傾向にあります。話したいことはあるけど自分からは話しかけられない、だから視線を送ることで女性から話しかけてくれないかと期待をしているのです。

    また、女性が忙しい場合はなかなか話しかけるのが難しいため、タイミングを掴むために何度も見てしまうことはあるでしょう。

    自分に気がついてほしい


    自分に気がついてほしいという心理で、視線を送る男性も少なくありません。特に奥手な男性で女性に好意を寄せている場合、積極的にアプローチする勇気がでないため、視線を送ることで女性から何らかのアクションがないか期待をしているのです。

    また、奥手な男性ではない場合も「自分の好意に気付いて欲しい」という心理から熱い視線をわざと送る人もいます。人は相手から好意を少なからず感じると「もしかして好かれているのかも」と相手のことが気になるものなので、それを期待しているのでしょう。

    タイプだから見ていたい


    単純にタイプだから見ていたいという心理で、視線を送ることもあります。たとえば好きな俳優や女優、モデルなど、タイプだとずっと見ていても飽きないと感じたことがある人は多いのではないでしょうか?

    そこに好意はないものの、ただ見ているだけで目の保養だと感じるため、何度も視線を送ってしまうことがあるのです。