素行不良な男性の性格・特徴|素行不良な男性の攻略法&改善法も紹介

  • 素行不良な男性の性格・特徴《前編》

    素行不良な男性は具体的にどのような性格で、どのような特徴を持つのか、疑問に思う人もいるでしょう。「素行不良」という言葉の意味がわかっていても、具体的なイメージが浮かばないという人は多いかもしれません。

    そこで注目していくのは、素行不良な男性によく見られる特徴です。素行不良な男性のことを知りたい、攻略したい、または改善させたいと思う場合、特徴を知って素行不良な男性への理解を深めていくことが必要でしょう。

    ルールやマナーを守れない


    ルールやマナーを守れないのが、素行不良な男性の代表的な特徴でしょう。むしろルールやマナーがわかっていても、あえて守らずにいることが多く、集団の和を乱したり、時には周りに迷惑をかけたりすることも珍しくありません。

    これは「ルールやマナーを守るのはかっこ悪い」という心理を、素行不良な男性が少なからず持っているからだと言えます。きちんと守るのは真面目すぎる、かっこわるい、そういった理由からあえて破ることが多いのです。

    乱暴な言葉遣いをする


    乱暴な言葉遣いをすることが多いのも素行不良な男性の特徴。素行不良な男性にとって、乱暴な言葉遣いや少しきつめの言葉遣いは「男らしい」「かっこいい」といった印象があるため、自分をかっこよく見せるために、あえて乱暴な言葉遣いをしていることがあるのです。

    また、相手に舐められないように、威嚇のために乱暴な言葉を使うことも少なくないでしょう。

    他人を見下すのが好き


    他人を見下して優越感に浸りたがるのも、素行不良な人によく見られる特徴です。素行不良な男性の多くは、誰よりも上の立場にいたい、見下ろすポジションにいることがかっこいいと思っているため、見下せる相手をとことん見下します。

    また、舐められたくないという気持ちも強いため、相手が歯向かわないように上の立場にいたいという心理があります。実際の実力や立場は関係なく、とにかく偉そうな態度や威圧的な態度を取って相手を怯ませ、自分は上の立場で安心したいという気持ちがあるのです。

    すぐに手が出る


    すぐに手が出ることが多いのも素行不良な人の特徴でしょう。素行不良な人の中には喧嘩っ早い人が多く、冷静に話し合いをすることはあまりありません。むしろ喧嘩で勝ったほうが正しいと思い込んでいるため、喧嘩で白黒つけたがるのでしょう。

    また、素行不良な人は真面目に落ち着いて何かをすることをかっこ悪いと思っている傾向にあります。そのため、「冷静に話し合いをしよう」と言われても、「冷静に話し合うなんてかっこ悪いし男らしくない」と考え、話し合いをあえて避けようとします。

    また、相手の正論に反論できる自信がない、そもそもボキャブラリーが少ないため話し合いができないというのも、話し合いを避けたがる理由として挙げられることも多いでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)