電話対応が怖いと感じるのは「電話恐怖症」かも?その原因とは?

  • 固定電話が怖いと感じる男女の本音

    多くの会社では、固定電話が主流となっていますよね。しかし、現代ではスマートフォンの普及率が上がっているため、固定電話に苦手意識を持つ人も多いでしょう。

    そこでまずは、固定電話を怖いと感じる男女の本音をいくつか紹介します。電話を取りたくない人は、次のような本音を抱えているのです。

    電話対応のカンペがないから不安になる


    「職場には電話対応のカンペがないから不安になります。緊張して頭の中が空っぽになるから、カンペがないと不安で…」(男性/24歳/会社員)

    電話に慣れていないと、何を話したらいいか分からなくて怖いと感じるでしょう。マニュアルやカンペがあれば、それに沿って電話対応をしやすくなります。しかし、そうしたものが用意されていない会社も多いでしょう。

    また、慣れていないことによる緊張で、頭の中が空っぽになりやすいです。緊張や恐怖を抱きやすくなり、余計にカンペが欲しくなるでしょう。

    敬語の使い方がわからないからしどろもどろに…


    「敬語の使い方が分からないから、しどろもどろになってしまいます。よその会社から電話がかかってくると、敬語を意識してしまうせいで強いプレッシャーを感じます」(女性/25歳/会社員)

    社会人であっても、正しい敬語を使えるかと問われて、胸を張って「はい」と答えられない人は多いでしょう。自分の敬語力に自信がないと、人と話すのが嫌になります。きちんと話せないと思えば思うほど、自信がなくなり声も小さくなっていくでしょう。

    また、敬語の使い方が分からないと、それだけでプレッシャーを感じますよね。会社の窓口ともいえる電話対応だからこそ、失敗できないというプレッシャーが重荷になるのです。

    クレームを受けてから怖い気持ちが増した


    「クレームを受けてから、余計に電話が怖くなってしまいました。これではいけないと思いつつも、やはり電話対応は怖いと思ってしまいます」(女性/34歳/会社員)

    クレーム対応は、相手の苦情を一身に受けるものです。たとえそれが他人の失敗によるものであっても、時に否応なしに罵声を浴びせられることもあるでしょう。どんなに謝っても説明しても相手の怒りが収まらなかったら、怖いという感情はさらに膨らんでいきます。

    また、こうした体験を多くすることにより、トラウマを抱えてしまう場合も。この点については年齢は関係ないので、若者以外でも電話対応に恐怖心を抱いている人は多いかもしれません。

    電話しながらメモするのが難しい


    「電話しながらメモするのが難しくて。メモを取ることに必死になって電話対応を失敗したら…と思うと怖くなります」(男性/28歳/会社員)

    仕事で電話を受け取ったとき、メモをとることも多いでしょう。しかし、誰もが聞きながらすんなり相手の言っていることをメモできるとは限りません。この男性のように、同時進行で作業するのが難しいという人も多いでしょう。

    また、メモを取っても、とった内容が正しいかどうか自信が持てないと、「仕事に支障が出るのでは…」と不安になりますよね。これによってさらに電話を取りたくないという意識が芽生えてしまうのです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)