「愛される幸せ」とは?愛され上手になって素敵な恋愛・結婚を!

愛される女性は幸せになれると言われています。「愛される女性になりたいけど、どうすれば良い?」と迷っている女性は多いのではないでしょうか。本記事では、愛され上手になる方法を紹介します。愛されて幸せになりたい方は、ぜひ参考にしてください。

  • 女性は愛される方が幸せになれる?

    「女性は愛される方が幸せ」という言葉はよく聞きます。男性から優しくされ、愛されるようになると幸せを感じることが多くなるパターンは多いはず。そんな幸せな日々を送れるようになるためには、愛されるポイントを押さえることが大切です。

    相手のことを考え、お互いに良い関係を築こうという意識があるからこそ、愛される女性になることができます。愛されることの意味を学び、結婚や恋愛において大きな幸せをつかんでいきませんか?

    本記事では、愛されることのメリットや愛されるための方法について紹介します。相手から愛される女性になるためにはどうすれば良いか具体的にまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。
  • 「愛される方が幸せ」と思う女性の意見

    まずは、愛されることに対する女性のさまざまな意見について紹介します。なぜ愛されている方が幸せと感じるのか、女性たちの意見を参考にしながら明らかにしていきましょう。

    なんだかんだ尽くされた方が幸せを感じると思う


    「愛される方が幸せということにはいろいろな意見があると思いますが、結局は尽くされた方が幸せを感じられると思います。自分のために何かしてくれる相手がいるだけで、幸福な日々を送れそうですよね」(33歳/女性/Webデザイナー)

    「愛される=尽くされる」と考える人は多いです。自分のためにどんなことでもしてくれる相手がいると、「たくさんの愛情を注いでくれている」と実感できるのではないでしょうか。

    自分から必死になって相手に気に入られようとしなくても、相手の方がどんどん尽くしてくれるので精神的な負担がありません。尽くされることに対して幸せを感じ、愛される方が良いと思うようになるのです。

    追いかけるのは疲れるから愛されて大切にされたい


    「相手に好かれたくて追いかけるのは、やっぱり疲れます。愛される女性は相手から大切にされているのがわかるので、私も同じようになりたいなあ」(28歳/女性/経理)

    恋愛で、相手のことを追いかけてばかりだと疲れてしまうことがあります。相手のために頑張っているのに報われないことが多いと、「恋愛なんて楽しくない…もう嫌だ」とネガティブな方向に考えてしまうこともあるでしょう。

    そのため追いかける恋愛ばかりをしている人は、愛されることによって幸せを手にしたいと考えるようになります。追いかけなくてもいい立場になることで、疲れることなく恋愛を楽しめるはずです。

    愛される確信が持てれば浮気の心配はない


    「相手から愛されてると思えれば、浮気される心配がほとんどないですよね。私は彼氏から浮気された経験があるので、今度付き合うとしたらきちんと私のことを愛してくれる男性を選びたいです」(25歳/女性/保育士)

    自分は絶対に愛されていると思えれば、相手が裏切ることを考えなくて済みます。他の女性に目移りする心配がないため、安心して付き合うことができるはずです。

    一方で愛されている自信がないと、浮気の心配がどんどん出てきてしまいます。相手への不信感が高まり、恋愛を楽しめなくなるでしょう。心配を減らすという意味でも、愛される確信を持てた方が幸せと言えます。

    わがままを聞いてくれるから愛される方が良い


    「愛される側になれば、相手がどんなわがままも聞いてくれるイメージがあります。私はちょっとわがままなところがあるので、何でも言うことを聞いてくれるような付き合いが理想だなあ」(23歳/女性/営業職)

    愛されるという実感が持てれば、「ちょっとくらいのわがままなら許してくれる」という自信を持ちやすくなります。相手に対して愛情を感じているからこそ、惚れた弱みで言うことを聞いてくれるのでしょう。

    わがままな傾向がある女性にとっては、愛される側になって何でも受け入れてくれる男性が適していると考えられます。ただし度が過ぎるわがままだと、どんなに愛されてても気持ちが冷めることもあるので注意が必要です。

    たくさん愛情表現してもらえると幸せになれる


    「愛される女性は、いっぱい愛情表現をしてもらえるイメージがあります。普段から言葉や行動で愛情を示してくれる相手なら、きっと幸せになれるんじゃないかなと思いますね。私の彼氏は愛情表現が淡白なので、愛されているのか少し不安になるなあ」(27歳/女性/総務)

    愛される側になると、相手から愛情表現をしてくれることが多くなります。「好きだよ」「可愛いね」などの言葉で表すのはもちろんのこと、ハグやキスといった具体的な行動に出ることもよくあるでしょう。

    相手から愛情表現をしてもらうことで愛されてると実感し、幸せを感じられるようになるはず。良い関係を続けるために、相手からの愛情表現は不可欠と言えます。