自分から振ったのに後悔!告白/復縁/などシチュエーション別に解説

自分から相手のことを振ったのに、あとになって後悔する人は少なくありません。その時の感情を優先し、あとから間違いに気付くこともあるでしょう。でも、その後悔は必ずしも相手への未練とは限りません。この記事では、後悔する理由や復縁する方法を、世の男女の体験談を交えながら解説します。

  • 自分から振ったのに後悔…!どうすればいい?

    自分から振ったのに後悔した経験はないでしょうか。告白してくれた相手を振ったのにあとから好きになって後悔した、あるいは付き合っている恋人を振ったのに別れたあとに後悔した人もいるでしょう。

    ただ、自分から振ったという事実があるために、なかなかそのあと後悔しても想いを伝えることができませんよね。そんな時、どうすれば後悔を払拭できるのでしょうか。

    そして中には、後悔しても気持ちを伝えずに思いを断ち切りたいという人もいるはずです。また、自分から振って後悔しても思いとどまった方が良いケースもあります。

    そこで今回は、自分から振ったのに後悔した場合にできる対処法をご紹介します。未練の断ち切り方や、復縁しない方が良い人の特徴も一緒に見ていきましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)