好意の返報性とは?恋愛心理の法則を利用したテクニックを徹底解説!

「好意の返報性」とは、好意を示されると好意で返したくなるという人の心理を表した法則です。これを恋愛のテクニックとして上手に活用すれば、意中の異性との距離をグッと縮められるかもしれません。そこで今回は、好意の返報性が成立する条件や、成立しないケース、好意の返報性の活用術など、好意の返報性の詳細に迫ります。

  • 「好意の返報性」って?

    「好意の返報性」とは、こちらが好意を示すと相手も好意を返したくなるという心理的作用のことで、恋愛において有効なテクニックの1つです。そもそも、好意の返報性を含む「返報性の法則」は、恋愛においてだけでなく、生活習慣や仕事などでも見られるものです。

    では、好きな人との距離を縮めたいと考えている場合にぜひとも覚えておきたい「好意の返報性」について、詳しく見ていきましょう。

    「好意の反報性」の意味


    「好意の返報性」とは、好意を示されると好意で返したくなるという人の心理作用のことです。これは「返報性の法則」の一種で、人に何かしてもらったらお返しをしたくなるのと同様に、人は好意に対して好意を返したくなるため、恋愛テクニックとして応用できます。

    「返報性の法則」と聞くと何か難しいことのように思えますが、実は日常生活でも馴染みの深いものなのです。衣服などを購入する際に試着すると、「試着したからには購入しなければ」と思ってしまう心理などがその一例と言えます。

    「好意の返報性」とは、これを相手を好きだという感情に置き換えたものです。上手に活用すれば恋愛において非常に有効に働きますので、成立する条件などをぜひとも覚えておきたいところです。

    「好意の反報性」の原理


    好意を示されると好意で返したくなるというのが好意の返報性ですが、その原理は、何かしてもらったのでお返しをしたい、もしくはしなければならないという心理状態になることです。

    自分の誕生日にプレゼントをもらったので、相手の誕生日にプレゼントを返したいと思うなど、プライベートでも仕事でも返報性の原理は作用しているのです。

    また、好意だけでなく、自分が苦手だと感じると相手も自分のことを苦手だと感じるなど、マイナスの感情でも返報性の原理が作用します。

    出典:心理資格ナビ『好意の返報性とは|プロのカウンセラーが心理学用語を解説』
    https://successbeginstoday.org/topics/14/

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)