年の差婚は何歳から?年の差婚をするメリット&デメリットを徹底解説

年の離れている2人が結婚することを年の差婚と言います。では、一般的に年の差婚とは何歳からのことを言うのでしょうか?この記事では年の差婚について徹底解説!年の差婚をするメリットやデメリットなどをご紹介します。年の差婚をしたいと考えている人は必見です!

  • 年の差婚って何歳から?みんなの認識を調査!

    年の差婚という言葉を聞いたことがあるという人は多いのではないでしょうか?これは、年の離れている2人が結婚することを言います。しかし、この年の差には明確な基準はありません。一般的には、何歳からが年の差婚と認識されているのでしょうか?

    この記事では、年の差婚について徹底解説していきます!年の差婚をするメリットやデメリット、また、年の差婚に向いている女性の特徴なども併せてご紹介してきます。年の差婚をしてみたいと考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

    まずは、一般的に何歳からが年の差婚だと認識されるのかをご紹介していきます。

    2~3歳から年の差婚だと思う


    「私は2~3歳差でも年の差婚だと思います。このくらいの年の差なら、学生時代で言うところのちょうど先輩後輩くらいの関係になって、世代のギャップも少なく付き合いやすい気がします」(26歳/女性)

    結婚するときの年の差で最も多いのは、2~3歳差。結婚は、2人の育ってきた環境や価値観が似ていれば似ているほどうまくいくと言われています。このくらいの年の差だと社会的背景に大きな違いがないので、共通する話題が多くなりギャップを感じにくいのでしょう。

    年の差婚といえば、4~5歳からかな


    「少しくらい年上でいれたほうが、相手のわがままとかを笑って許せるだけの余裕ができるのかなと思います。でも、あんまり年の差がありすぎると話が合わなくなるかもしれないので、私は4~5歳差がちょうどいい年の差婚なのかなと認識しています」(28歳/男性)

    次に挙げられるのは、4~5歳差。先ほどの2~3歳差では、年の差があまり離れていないので、片方がわがままなどを言ったときに聞いてあげれるだけの余裕がないという人が多いです。その点、このくらいの年の差があれば気持ちに多少の余裕が出てきます。

    そのため、年上の方が年下の方を甘やかすことなどができ、結婚生活がうまくいく可能性が高くなるのです。そして、離れすぎてもいないので、世代のギャップを感じることもそこまで多くないのでしょう。

    年の差婚のイメージは10歳以上から


    「10歳以上差がある人との結婚を年の差婚だと認識しています。これだけ離れていると、年上の方に余裕があるので、まず喧嘩になることがありません。そのため、結婚生活がうまくいく感じがしますね」(24歳/女性)

    10歳以上年が離れていると、世代のギャップがあって上手くいかないのではないかと思われがちですが、意外とそうでもありません。

    男性が年上だった場合は、奥さんを娘のように可愛がってくれる傾向にありますし、女性が年上だった場合は、旦那を立てつつ支えることができます。10歳差があるからこそ、年上の方に余裕が生まれて、いい関係が築けるのです。

    20歳からは間違いなく年の差婚だと思う


    「さすがに20歳以上離れていたら、間違いなく年の差婚だと思います。若い子と結婚出来るのは、まわりへの自慢になり、自分も若くいれる気になれます」(37歳/男性)

    「若い女性と結婚したい」という男性は意外と多いです。そして、女性側でも一回り以上離れている男性と結婚することを望んでいる人はかなりいます。

    結婚して生活していくには、どうしてもお金が必要です。その点、20歳以上離れている場合は、片方がある程度稼ぎがあり、経済的に余裕がある可能性が高いでしょう。そのため、年が離れていても、結婚生活が安定するのです。
  • 年上男性と相性の良い女性の特徴

    ここでは、年上男性と相性の良い女性の特徴をご紹介していきます。年上男性にはどのような女性が合っているのでしょうか?自分に当てはまるかどうか照らし合わせてみましょう。

    安心感がほしいと思っている


    まず挙げられるのは、安心感がほしいと思っている女性。年上男性は基本的に心に余裕がある場合が多いので、何をするにしても落ち着いた行動をとることができます。その頼りになる姿に、安心感を覚えるという女性は多いです。

    年上男性は包容力があり、結婚しても不安になることは少ないでしょう。そのため、結婚相手に安心感がほしいと思っている女性は、年上男性と相性が良いのです。

    自分のペースを崩したくない


    自分のペースを崩したくないという女性も年上男性と相性が良いです。年上男性は、精神的に自立している女性を好みます。依存されてしまっては、一緒にいて落ち着くことができないからです。

    そのため、お互いのペースというものをとても大事にします。自分のために使う時間をきちんと確保するなど、相手を必要以上に縛るようなことをしません。そのため、自分のペースを崩したくないという女性と相性が良いと言えるでしょう。

    相手にリードしてもらいたい


    年上男性は、落ち着いた女性を好む傾向にありますが、年下女性に頼られたいという願望を持っている人もたくさんいます。年上男性にとって、女性から頼られたり甘えられたりすることは嬉しいことで、それによって自分の存在意義を感じることができるのです。

    そのため、女性をリードしたいと考える年上男性は多く、相手にリードしてもらいたいと考えている女性にとっては最高のパートナーになり得る可能性が高いでしょう。

    対等に話をすることができる


    次に挙げられるのは、年上男性と対等に話をすることができる女性。年上男性と年下女性では、年の差があるからこそモノの見方や考え方は変わってきますよね。

    そんな中でも対等に話せるということは、色々なことに興味を持って話を聞こうとしていたり、自分の考えをしっかりと持っていたりする場合が多いです。そのため、対等に話すことができるということは、年上男性にとって非常に魅力的に映るのでしょう。

    さらに、わからないことや知らないことがあった場合は、年上男性の方が経験が豊富ですから教えることもでき、頼られている実感を得ることもできます。

    このようなことから、対等に話をすることができる女性は、年上男性に好かれる傾向にあるのです。