「詰めが甘い」の意味とは?詰めが甘い人の特徴や直す方法を解説!

詰めの甘い人とは、一体どのような人のことを言うのでしょうか。そこでこの記事では、「詰めが甘い」の意味や語源などを解説します。また、詰めが甘い人と言われてしまう人の特徴や心理についても詳しく紹介していきます。詰めの甘さを直す方法もお伝えしますので、ご覧ください。

  • そもそも「詰めが甘い」とは?

    どこの世界にも、詰めの甘い人っていますよね。例えば、一生懸命データ入力したのに、入力欄がずれていて結局やり直しになったり、バーベキューに来たのに肉を用意し忘れたりと、ここまで頑張ったのに残念だったねという人は、結構いるのではないでしょうか。

    そこで今回は、詰めが甘い人について紹介してきます。まずは「詰めが甘い」の意味や、語源などからお伝えしていきます。

    「詰めが甘い」の意味


    「詰めが甘い」とは、「やるべきことがしっかり成されていないせいで、それまで行ってきたことが最後の最後でダメになってしまうさま」を表しています。

    「詰めが甘い」の「詰め」は最後の最後という意味。また「甘い」は、食べ物の味が甘いという時に使われますが、今回のようなケースでは、厳しさを欠くことや評価の基準が易しすぎるさま、きちんとした心構えや態度で物事に取り組んでいない状態といった意味で用いられます。

    つまり「詰めが甘い」という表現は、「途中経過がどんなに良い状態だったとしても、丁寧さに欠ける行動により、最終段階で失敗してしまった」というような状況の時に使用される言い回しです。

    「詰めが甘い」の類義語


    次に「詰めが甘い」の類義語を見ていきましょう。まず、物事が上手く行きそうなのに、足りないことがあるために最終的には目当てとする状態に達しないことを「決め手に欠ける」といいます。

    また、ビジネスなどで業務の質が低かったり、内容が完全ではない場合に、「不完全」や「行き届いていない」といった表現を使う人は多く、「手ぬるい」といった手厳しい言葉が用いられることもあるようです。

    「詰めが甘い」の語源


    「詰めが甘い」の「詰め」は、将棋の「詰み」や「詰むこと」が語源です。

    この「詰み」や「詰むこと」とは、王将の逃げ場がどこにもなくなること、つまり負けを回避できない最終的な状況を指します。将棋の詰みは、チェスの「チェックメイト」と同義だそうです。

    「詰めが甘い」の使われ方


    それでは「詰めが甘い」が、どのような状況の時に使われるか紹介します。

    たとえば仕事のプレゼンで、途中までは手応えを感じていたのに、資料が足りず契約に至らなかった場合などは、「詰めが甘い」状態といえますよね。

    また、資格取得のためにしっかり勉強していたのに、前日の夜更かしのせいで体調を崩し、本番で調子が出なかったようなケースも「詰めが甘い」と言われてしまうでしょう。

    出典:weblio辞書『詰めが甘いの意味・解説 』
    https://www.weblio.jp/content/%E8%A9%B0%E3%82%81%E3%81%8C%E7%94%98%E3%81%84#:~:text=%E7%89%A9%E4%BA%8B%E3%81%AE%E6%9C%80%E7%B5%82%E6%AE%B5%E9%9A%8E%E3%81%A7,%E5%90%8C%E6%BA%90%E3%81%A8%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%80%82

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)