自分の意思がない人とは?その特徴や克服するための方法を徹底紹介!

「なぜこの人には自分の意思や考えがないのだろう」と疑問に思ったことはありませんか?今回はそんな自分の意思がない人の特徴や原因、心理を徹底解説!意思がない理由がわかれば対処法や克服法も見つかるはずです。意思がないことに悩んでいる人もぜひご一読ください。

  • 「自分の意思がない」ってどんな人?

    自分の意思がない人が身近にいると、少々困ったり、悩んだりしてしまうことってありますよね。誰かに同調したり「なんでもいい」と言ったりされることが多いと、その人の本心を知ることができず、不安を抱いてしまうものです。

    また、意見や考えが欲しい場面においても意思のなさが目立ってしまうと、物事が進まないことも珍しくありません。そうなると、どうにかして相手の意見が聞けないだろうか…とその方法や対処法が気になってしまうものでしょう。

    なぜ意思がない人は自分の考えを持ち、それを伝えてくれないのでしょうか?今回はそんな自分の意思がない人の特徴や心理、原因について解説していきます。また、自分自身がまさに意思がない人だという人のために、克服方法も合わせて紹介していきましょう。
  • 自分の意思がない人の心理って?

    なぜ自分の意思や考えを持つことができないのだろう?と、身近に自分の意思がない人がいると疑問に思う人は多いでしょう。特に自分の意思表示をすることに難しさなどを感じていない人からしてみれば、「自分の意見を言えばいいだけなのに」と思ってしまいますよね。

    しかし、自分の意思がない人からしてみれば自分の意思を表示することに対し、何らかの問題を抱えていることが多いのです。それを理解しない限り、自分の意思がない人に歩み寄ることはできません。

    どうして自分の意思を持たない、または持てないのか。その理由を知るためにも、彼ら彼女たちの心理を覗いていきましょう。

    トラブルを避けたい


    より多くの意見や考えが出ることは、その物事へ大きな刺激を与えることになります。しかし、あまりにも意見などが多く出てしまうと別々の考えを持つ人たちが衝突し、トラブルに発展することも珍しいことではありません。

    自分の意思がない人の中には、そんなトラブルを避けるために意思を持たないという人もいます。1人でも意見を持たず誰かに合わせたほうが場がまとまりやすく、衝突することもなくなるからだと考えた結果、自分の意思を持つことをやめてしまうのです。

    出来るだけ物事をスムーズに進めていきたい、ちょっとしたトラブルや衝突も避けたい…そう思うと、自分の意思よりも他人に合わせることを優先させるべきだと思うのでしょう。

    同調したい


    「この人に気に入られたい」「周りからよく思われたい」そういった心理から、つい自分の意思よりも周りに同調することを選んでしまうことってありますよね。人は誰かに同調や共感をしてもらうと嬉しく感じ、そうしてくれた人に対して好感を持ちやすくなります。

    自分の意思がない人の中には、誰かに同調したいという気持ちからそうしている人も実は珍しくありません。同調することでその人との信頼関係が結べる、自分の評価が得られる、そういったメリットを感じるのでしょう。

    自分の考えが浮かばないから意思がない


    誰だって自分の考えが浮かばない時に「あなたの意思は?考えは?」と聞かれても、困ってしまいますよね。何かを考える力、思いつく力というものは人によって多少なりとも差があるのが事実であり、その力が低い人は自分の考えがなかなか浮かんできません。

    このタイプの場合、自分の意思がないというよりかは、意思を持ちたいけど考えがまとまらず、意思が持てないというのが正しいでしょう。自分がどうしたいのか何を思っているのかがわからないため、結果的に周りから見ると意思がない人だと思われてしまうのです。

    自分の意思に自信が持てない


    普段意思表示が出来るという人でも、必ずしも自分の意思や意見に自信を持てるとは限りません。時と場合によっては自分の意思に自信が持てず、なかなか表現できないということもあるでしょう。

    同じように、自分の意思がない人の中には、そもそも全体的に自分の意思や意見に自信が持てないという人もいるのです。このタイプの人は自己肯定感が低く、自分自身に自信が持てないため、意思や意見があってもそれを発言するほどの勇気が持てません。

    間違っていたらどうしよう、迷惑をかけたらどうしよう…そういった不安が先行するため、自分の意思を表すことができないのです。

    責任を持つのがこわいから意思が持てない


    何か意思や考えを発言するということは、その言葉に責任が生じるということでもあります。相手への伝わり方、意思や考えが及ぼす影響、自分自身の評価、周りからの印象…細かく見ていけば、言葉を発するということで生じる責任は多くあるのが事実です。

    大半の人からしてみれば、その責任もそこまで大したものではない、気にするものではないと感じるかもしれません。たしかに言葉に責任が重くのしかかる場面というものは限られており、日常的に多いものではないでしょう。

    しかし、些細な責任すらもプレッシャーを感じてしまう人もいるのです。そういった人たちは責任を負うことに不安や恐怖を抱いているため、それを避けるために自分の意思を表さないことが多くなるのです。