仲のいいカップルに憧れる!特徴や仲良く長続きする秘訣もご紹介!

  • すぐに別れてしまうカップルの特徴

    反面教師にするために、すぐに別れてしまうカップルの特徴もここで見ておきましょう。

    すぐに別れてしまうということは、問題や喧嘩が多いと言えます。どんな行動が問題や喧嘩に繋がるのでしょうか。

    片方が相手に合わせすぎている


    片方が相手に合わせすぎた付き合い方をしている場合、恋愛に疲れたり不満が募るためすぐに別れてしまうことが多いです。

    中でも、相手への気持ちが強い方が合わせる傾向にあります。「もっと好きになってもらいたいから」あるいは「嫌われたくないから」であっても、自分らしさを失う恋愛をしていれば長続きしません。

    自分の意見を伝えることや無理をしないことは、長続きさせるために必要です。過度に相手に気を遣いすぎないよう注意しましょう。

    恋人を信用していない


    恋人を信用していない場合、どうしても相手を疑ってしまいます。すると、実際に浮気していないとしても、不安になったり束縛をしたりと問題行動が増えてしまうでしょう。

    付き合ってすぐに信頼関係は築けません。しかし、相手に信用してもらうために嘘をつかないことならできるのではないでしょうか。

    そうした日々が積み重なっていけば、次第と信頼関係が築けていきます。疑うことは自身の不安やストレスにもなるため、起きていない現実をネガティブに考えるのは避けましょう。

    一緒に居すぎる


    付き合って間もない頃は、相手への気持ちが高まっています。ですから、恋人とずっと一緒にいたいと思ったりLINEで繋がっていたいと思うでしょう。

    もちろん、そうしてコミュニケーションをとり関係を深めることは大事ですが、あまりにも一緒に居すぎれば相手に興味を失ってしまうのも早くなります。そうすれば、デートすることも連絡をとることも極端に減り、次第に不満を抱くようになるでしょう。

    気持ちを持続させるためには、ある程度の距離感が大事です。ベタベタした関係は、その時の感情を満たしてくれるかもしれませんが、持続性を失わせてしまいます。

    指摘や否定の言葉ばかり口にする


    好きな相手には、「こうであって欲しい」という理想を持つでしょう。長く一緒にいたいからこそ、余計に期待することは多いですよね。

    しかし、あなたの口から出る言葉が指摘や否定ばかりであれば、相手に不快な思いをさせるだけでなく、その場の空気も悪くなり笑顔も減ります。それでは、相手に「会いたい」「好かれたい」とは思われないのではないでしょうか。

    仲のいいカップルのように、相手を褒めたり認めたりして心地よくさせることが大事です。「それはしないで」ではなく「こうしてくれると嬉しい」といった伝え方に変えたり、嬉しいことをしてもらった時に褒めたりして、相手の良さを伸ばす方法を活用しましょう。

    無理な約束やルールを作る


    恋人にされて嫌なこと、あるいはして欲しいことを、ルール化するカップルもいるでしょう。ただ、無理な約束やルールは過度なプレッシャーを負うだけでなく、義務感が生じたり窮屈に感じるため早い段階で相手に不満を持つようになります。

    確かに、最低限のルールを持つことは有効的です。しかし、「返信は5分以内にすること」や「休みの日はデート以外予定を入れないこと」といったルールが課されたらどうでしょうか。初めのうちは満足できても、自分の時間もろくに取ることができないため苦痛に感じてくるはずです。

    仲のいいカップルのように相手のありのままを受け入れることは、違いが多いカップルにとっては難しいかもしれません。ただ、無理を強いられる恋愛は楽しいとは思えないもの。そうした恋愛になれば、別れてしまうのも無理はないでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)