仲のいいカップルに憧れる!特徴や仲良く長続きする秘訣もご紹介!

  • 仲のいいカップルの特徴とは≪後編≫

    仲のいいカップルはあらゆる面で相性が良いと言えます。適度な距離感を持ち、それぞれの時間も大切にしているため、不満やストレスを抱えることも少ないのでしょう。

    他にもまだ、仲のいいカップルには特徴が見られるようです。引き続きどんな特徴があるのか見ていきましょう。

    仲のいいカップルの特徴⑥恋人をリスペクトしている


    仲のいいカップルの会話を見てみると、相手を立てたり褒めたりすることが多いです。これは、恋人をリスペクトしているからでしょう。「すごい」「さすが」という心理が、相手を持ち上げる発言に繋がっています。

    逆に、相手を尊敬できない場合や見下している場合は、否定的な発言が増えるでしょう。そうなれば、相手に不快感を持たせるため喧嘩の頻度も増えてしまいます。

    誰でも人から褒められれば嬉しいと感じるもの。恋人と一緒にいる時にそう感じることが多ければ、自ずと「会いたい」「話したい」と思うはずです。

    仲のいいカップルの特徴⑦必要以上に束縛しない


    恋人同士ですから、相手が何をしているか気になることはあるでしょう。しかし、仲のいいカップルは相手の行動や交友関係を確認することがあっても、束縛することはしません。

    例えば、「誰と遊ぶの?」と聞いた時に、恋人から知らない名前を言われたとしても、「そうなんだ」と言ってそれ以上は根掘り葉掘り聞かないでしょう。

    これは、相手のことを信頼しているからと言えます。もちろん、多少の不安や疑いはあるはず。しかし、事実として起きていないことを心配しても取り越し苦労なだけと割り切るのでしょう。

    「ちゃんと答えてくれた」という現実を安心に変え、必要以上に「他の人と遊ばないで」「連絡取らないで」といった束縛はしません。そのため、窮屈に感じることなく恋愛を楽しめていると言えます。

    仲のいいカップルの特徴⑧ありのままを受け入れる


    仲のいいカップルには、恋人のありのままの姿を受け入れている人達が多いです。つまり、自分の欲や考えを優先して恋人をコントロールしようとするのではなく、「そういう人」と割り切って認めることができているカップルですね。

    束縛もその内の一つです。「自分だけ見てもらおう」「かまってもらいたい」という欲があるゆえに束縛してしまうと言えます。そういう意味では、相手をコントロールしようとしている行動と言えるでしょう。

    しかし、仲のいいカップルは自分の欲や考えを相手に押し付けることがありません。ですから、それぞれが自分らしさを失わずに付き合えるのです。

    そうなれば、一緒にいることに苦痛を感じないでしょう。ありのままの自分を受け入れてくれる恋人に感謝すらするはずです。

    仲のいいカップルの特徴⑨意思疎通がとれている


    仲のいいカップルが常に笑顔でいられるのは、お互いに意思疎通がしっかりとできているからです。会えない時はLINEや電話でしっかりコミュニケーションをとり、距離が開きすぎないように心掛けているのでしょう。

    また、コミュニケーションをとりながら寂しさや不満を上手く解消できていることも特徴の一つです。「寂しくて」とか「もう少し○○してほしいな」と、恋人に素直に伝えながら解消しているのでしょう。

    寂しさや不満をため込むと、感情的になりやすくなります。こうした負の感情を持ったとしても激しく衝突をしないのは、素直且つこまめに相手に伝えているからでしょう。

    仲のいいカップルの特徴⑩思いやりや感謝を忘れない


    付き合いが長くなってくると、どうしても相手への思いやりや感謝を忘れてしまいがちです。相手にしてもらうことが当たり前になれば、そうした思いも失ってしまうでしょう。

    その点、仲のいいカップルは付き合い始めから変わらず、相手への思いやりや感謝を持ち続けています。恋人に何かしてもらったら「ありがとう」と言葉にして伝えたり、相手が忙しそうだと感じた時は「デートはまた今度でいいよ」と気遣う姿勢を見せるでしょう。

    つまり、いつまでも初心を忘れないと言えます。それはきっと、相手の存在が大切で貴重な存在だからではないでしょうか。「失いたくない」「いつまでもそばに居てもらいたい」という思いが、思いやりや感謝を持たせていると考えられます。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)