いつまでが新婚期間?ラブラブな新婚気分でいられる方法が知りたい!

  • 楽しいだけじゃない?新婚夫婦にありがちな悩みとは

    相手の事が大好きで楽しい日々を過ごす事ができる、そんな新婚期間も、実は楽しいことばかりではありません。最後に、新婚期間にありがちな悩みをご紹介します!

    金銭感覚の違いに戸惑う


    金銭感覚の違いに戸惑ってしまうというのは、新婚夫婦にはよくある悩みでしょう。

    お互いに金銭感覚が似ているのならば困ることはありませんが、全然違っていたら戸惑ってしまいます。例えば、あまりお金を使いたくない人と、お金はぱーっと使いたい人とでは、お互いに考えていることが違うのです。そういったすり合わせをしなくてはならないので、悩むこともあるでしょう。

    デートの感覚が薄れる


    新婚夫婦というと、休日のたびに楽しくデートしているように思われがちですが、実はそうでもありません。いつでも一緒にいるので、デートの感覚が薄れてしまうのです。

    新婚夫婦になる前は、デートの時でないと会えないので、特別な楽しさがあったでしょう。しかし、新婚夫婦は普段から一緒に生活しているので、デートをしてもあまり特別感がありません。恋人だったころとは違い、デートが少し物足りなくなってしまう人もいます。

    理想とのギャップに苦しむ


    新婚夫婦になったらきっと毎日ラブラブな生活になるのだろうと理想を描く人もいるでしょう。しかし、実際に夫婦になると、現実の生活にはやることがたくさんあります。

    思っていたよりも「大変だ」と思う場面も少なくないでしょう。「こういう生活がしたい」と思っていたようにできず、もどかしく感じることもあるはず。新婚夫婦は、そういった理想と現実のギャップに悩むでしょう。

    生活時間の違いに悩む


    「夜型」「朝型」という言葉があるように、夜に行動が活発になる人もいれば、朝に行動が活発になる人もいるでしょう。一方が朝型なのにもう一方が夜型だったりすると、お互いの睡眠に支障をきたしてしまうこともあります。

    このように、付き合っている時には気づかなかった生活時間の違いも、新婚夫婦の悩みとなるでしょう。
  • いつまでも新婚のような夫婦でいたい!

    いつまでも新婚のような夫婦でいることは難しく、一年で終わると考える人や、子供ができたら終わると考える人もいるでしょう。しかし、お互いが努力をすれば、ずっと新婚のような夫婦でいることもできます。

    一緒にいると安心できる熟年夫婦のような雰囲気も素敵ですが、ラブラブな新婚の雰囲気も捨てがたいもの。いつまでも新婚夫婦でいたいのであれば、お互いに努力するようにしましょう。そうすれば、いつまでも仲睦まじく、ラブラブな生活を送ることができるはずです。

Photo:All images by iStock