【夢占い】撃たれる夢の意味とは?シチュエーション別に徹底診断!

銃で撃たれる夢を見たら、現実でも何か悪いことが起きるのではないか…と心配になってしまうもの。夢占いにおいて「撃たれる夢」にはどんな意味があるのでしょうか。今回は、どんな銃で撃たれたか、誰に撃たれたか、体のどこを撃たれたかなど、さまざまな状況別に「銃で撃たれる夢」の意味を紹介します。撃たれる夢を見て不安になっている人はもちろん、夢占いに興味のある人も、ぜひ参考にしてください。

  • 撃たれる夢の基本的な意味

    撃たれる夢を見たことはありますか?たとえ夢であっても、撃たれるのは恐ろしいことですし、何より現実で何か良くないことが起こる前触れなのでは…と不安に感じてしまいますよね。

    この記事では、銃で撃たれる夢の意味について詳しく解説します。はじめに、銃で撃たれる夢の基本的な意味について見ていきましょう。

    性的関心の高まり


    夢占いにおいて、銃は「セックスシンボル」としての意味があります。銃はその形状から、男性器を象徴していると言われています。その銃で撃たれるということは、「異性に対して性的関心が高まっている」ということを告げています。

    銃の夢は、男性が見るのと女性が見るのとでは意味が変わっていくものがあります。なぜなら、銃が男性器を象徴するためです。銃で撃たれる夢を見たら、基本的に性的欲求や性的関心が高まっていると考えてくださいね。

    攻撃性や狂暴性


    アクション映画などで、派手に撃ち合うシーンを観たことがあると思います。銃は人の命を奪うほどのパワーを持ち、時には恐ろしく、また狂暴に見えることもありますね。

    夢占いで、銃に撃たれる夢は、「攻撃性」「狂暴性」が高まっていることを暗示しています。基本的に、銃は攻撃性や狂暴性を表しているので、銃に撃たれる夢を見たら、対人関係がうまくいかなくなる恐れがありますよ。

    自信が無い


    銃が出てくる夢の基本的な意味には、「不安」や「プレッシャー」があります。銃が暴発した場合を想像してみてください、自分ではとても抑えらない、手に負えないと感じませんか?

    このように、プレッシャーやストレスを感じつつも、自分に自信が無いため、どうにもできない状態を暗示していると言えます。

    防衛本能


    銃は人の命を奪う一方で、自分の身を守ることもできます。そのため、銃は夢占いで「防衛本能」を表しているとも言われています。ストレスや対人関係などから無意識のうちに自分を守ろうと、肩に力が入っている状態を示唆しています。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)