これって倦怠期?|彼氏・彼女にイライラする原因や対処法を伝授!

多くのカップルに訪れる倦怠期。相手に対してイライラすることが増え、別れを考えてしまう人もいるでしょう。でも、そのイライラは倦怠期特有のものかもしれません。そこでこの記事では、イライラの原因や対処法をご紹介します。倦怠期を乗り越えて、相手と関係を深めてみませんか?

  • そもそも「倦怠期」ってどういう感じ?

    恋愛においてよく耳にする「倦怠期」とは、そもそもどういう状況にある時期かご存知でしょうか。

    まずは、倦怠期に見られる関係性や相手への思いから解説していきましょう。

    刺激を感じられなくなる


    好きな人と会ったり連絡をとったりすることは、ドキドキが伴うものでしょう。手を繋いだり食事に行くのにも胸が高まり、一つ一つのことから刺激を受けているものです。

    しかし、倦怠期は付き合った頃のようなドキドキ感がなくなり、刺激を感じにくい時期。会ってもなんとなく時間が過ぎていき、自ら「会いたい」と思うことも少なくなっていきます。

    この刺激を得られなくなったことで、「相手のことが好きかわからない」と感じる人がいるのも倦怠期の特徴です。トキメキがなくなってしまい、相手のことを異性として意識しなくなればそう感じてしまうのも仕方ないかもしれません。

    恋人に関心がなくなる


    倦怠期は、主に長く付き合ったカップルに訪れるものです。長く付き合えば、当然相手の性格や生活、あるいは恋愛観といったことを把握していくため、知らない事の方が少なくなっていくでしょう。

    すると、恋人への関心がなくなります。何を考えどういったことに興味があるのかを把握できてしまっているため、わざわざ聞いたり話し合いをする必要性も感じないでしょう。

    このように、倦怠期では恋人に無関心状態になるため、会話の量が減ってきます。そのため、コミュニケーションが上手くとれずにすれ違いが起きることも倦怠期の特徴です。

    恋人にイライラすることが多くなる


    倦怠期が訪れるほど長く一緒の時間を過ごしてきた恋人です。自分の素が出せるようになった反面、相手への気遣いや遠慮がなくなっていきます。

    すると、相手のちょっとしたところにイライラするようになるでしょう。発言や行動一つ一つが気になるようになり、些細なことから喧嘩が勃発してしまうことが多いです。

    恋人にイライラすることが多くなり喧嘩が増えれば、「顔も見たくない」「喋りたくない」と思ってしまうこともあるはず。そして、お互いに相手を求めなくなります。

    デートや連絡の頻度が減る


    相手に会いたいと思ったり、刺激が得られる状況にない二人ですから、デートや連絡の頻度が減るのも倦怠期に見られる特徴です。付き合いたての頃のようにお互い求めることをしなくなり、週3回会っていたカップルが月1程度になることもあります。

    これは、相手に対してイライラして喧嘩が増えてきていることが関係しているでしょう。会えば喧嘩という状況では、誰も会いたいとは思えませんよね。

    また、連絡も以前とは違って業務連絡のような素っ気ないやりとりになっていきます。ラブラブだった時はどんなことでもLINEし合っていたのに対し、倦怠期になると用件がない限り連絡をしないといったカップルが多いです。

    恋人以外を優先するようになる


    倦怠期では、恋人以外のことを優先する様子も見られます。

    例えば、恋人とデートの約束をしている中、友達からお誘いが来た時です。以前までは恋人を優先し友達の誘いを断っていたでしょうが、倦怠期になると友達を優先します。

    この場合であれば先約であった恋人を優先させるべきでしょうが、恋人の優先順位が低くなっている倦怠期では、自分の関心度の高い方を優先するでしょう。また、そうした相手の様子にイライラする人も多いです。

    恋人の欠点に目が行ってしまう


    相手への関心度や気持ちが薄れている倦怠期では、相手の欠点ばかりに目が行ってしまうのも特徴でしょう。

    お互いに良いところがあって付き合っているものの、倦怠期になると欠点が気になってしまうもの。「あれもやだ、これもやだ」と、どうしても嫌なところを見てしまうのです。そのため、相手にイライラすることが増えたり喧嘩に発展することも多くなるのでしょう。

    特に、倦怠期になっているのにも関わらず、付き合った当時と同じペースで会ったり連絡をとっているカップルに見られる特徴です。倦怠期の中でも距離が近すぎれば、どんどん相手を嫌いになってしまいます。
  • 倦怠期?彼氏にイライラする瞬間|彼女の本音編

    倦怠期では、恋人にイライラすることが多くなります。とはいっても、どんな瞬間にイライラしてしまうのでしょうか。

    ここからは、男女別に分けて「相手にイライラする瞬間」をご紹介します。まずは、彼女側の本音からです。彼氏にイライラする瞬間を、実際に女性の意見を取り入れながら見ていきましょう。

    何でも私任せで…頼りなくてイライラした!


    「前はリードしてくれたのに、今では何でも私任せ。口癖は『なんでもいいよ』だし、いつも私が決めなくちゃない。頼りなくてイライラする。」(28歳/女性/教諭)

    いつも自分任せにされてイライラするという意見です。一緒にすることを「決めて」と押し付けられてしまったら、責任を感じる上に「なんで自分だけ」という気持ちになるでしょう。

    ただ、こちらの女性の彼氏は慣れもあるでしょうが、彼女を信頼しきっているとも考えられます。倦怠期でイライラする時は自分の考えばかりが先行しがちですが、相手の立場に立って考えることも必要になるでしょう。

    デートに遅刻してくるし、あり得ない!


    「最近は毎回デートに遅刻してくるしあり得ない!待ってる時もムカつくけど、会えたからといってイライラが消えない。」(22歳/女性/製造業)

    デートを平気で遅刻してくる姿にイライラするのでしょう。以前までなら、会ったらイライラも解消されていたのでしょうが、倦怠期であるためになかなか気持ちも切り替わらないようです。

    なんでも否定してくる彼氏にイライラする


    「元々亭主関白みたいなところがある彼氏なんですが、1年付き合った頃くらいから何かと否定されるようになってイライラしますね。自分だって完璧じゃないのにって思います。」(31歳/女性/秘書)

    何をするにもダメ出しされているような気になるのでしょう。否定ばかりされていては、イライラしてしまいますよね。

    亭主関白の気質があるという彼氏だけに、性格的な問題も関係していると言えるでしょう。

    一緒にいるのにスマホばかり見てる


    「久しぶりのデートでも、隣でスマホばかり見てるんです。話しかけても素っ気ないし、終いには静かにしてとか言われます。一緒にいる意味ないですよね。」(26歳/女性/不動産業)

    彼氏は、一緒にいる時間を「貴重」「楽しい」と思えていないのでしょう。スマホばかり見る彼氏にイライラするようです。

    久しぶりのデートでもろくに会話ができないとなれば、不満を持ってしまうでしょう。一緒に楽しめる何かを見つけた方が良いかもしれません。

    何かと他の子と比較してきてイライラ!


    「何かと他の子と私のことを比較して、『おまえはこうだからダメなんだ』とか『少しあの人見習ったら?』とか言われてイラつく!だったらその子と付き合えばって思う。」(19歳/女性/学生)

    倦怠期になるくらい一緒にいる二人ですから、言葉にも遠慮がなくなってしまうのでしょう。

    「これを言ったら傷つくかも」と考える前に思ったことをそのまま口にしてしまうと、相手を傷つけてしまうこともあります。また、慣れた間柄だとしても言い方には注意しなければなりません。