距離を置くのは別れたいから?意味&心理を徹底解説!復縁する方法も

恋人から突然「距離を置こう」と言われたら、別れを連想する人が多いのではないでしょうか。ただ、相手に別れる意志がなく他の意味が込められているケースも少なくないようです。この記事では、相手が距離を置こうとする意味や心理をご紹介!別れた後の対処法も解説します。

  • 恋愛における「距離を置く」の意味って?

    恋人から距離を置きたいと言われてドキッとしたことはないですか?「距離を置く」は、別れを連想させる言葉であるため、危機感を抱く人が多いはずです。

    一体、「距離を置く」にはどんな意味が込められているのでしょうか。まずは言葉の意味や距離を置く期間を把握していきましょう。

    「距離を置く」の意味


    まずは、「距離を置く」の意味から理解していきましょう。

    距離を置くとは、一般的に「一定期間、2人で会わない」ということを意味しています。

    もちろん、カップルによって「距離を置く」ということの意味合いは異なるでしょう。喧嘩の後の冷静になるための期間として距離を置く人もいれば、お互いの時間を確保するために距離を置く人もいます。

    中には、デートや会う頻度を減らすことを距離を置くと捉えるカップルも。距離を置くことで何を得たいかによって、行動や関係に変化が見られるようです。

    カップルが距離を置く平均期間は?


    相手に対して気持ちがある状態で距離を置くのは、辛くもあり寂しく感じるものです。ですから、恋人から「距離を置きたい」と言われた時、真っ先にどれくらいの期間か気になる人が多いのではないでしょうか。

    ただしカップルが距離を置く平均期間は、距離を置く理由によって異なります。

    例えば、喧嘩になってお互い冷静になるまでの期間が欲しいという場合は、平均で1週間前後が多いようです。また、マンネリによって相手への気持ちが分からなくなった場合は、2週間前後。そして浮気など、相手の裏切り行為が発覚したことにより距離を置く場合は、半月~1ヶ月程度が平均のようです。

    ただ、これらはあくまで平均であり、それ以上になるパターンも当然あります。距離を置く理由が片付くまで、あるいは気持ちに整理がつくまでがベストであるため、場合によっては数ヶ月間距離を置く必要があるケースもあるでしょう。

    距離を置くと別れる確率は上がる?


    「距離を置く」と聞いて、別れをイメージする人が多いでしょう。別れるための準備期間のように感じて、「距離を置こう」と言われた時に焦ってしまう人もいます。

    ただ、必ずしも距離を置く=別れとは限らないようです。一度距離を置くことで冷静になり、別れではなく交際継続を選択する人も少なくありません。

    しかし、「距離を置こう」と言ってきた相手に対して無理にしがみ付いたり、距離を置く期間があまりにも長い場合は別れの確率が上がってしまいます。恋人と別れたくない場合は、対処の仕方や距離を置く期間が重要なカギになりそうです。

    距離を置くことがプラスになることもある


    距離を置くことになった時、多くの人は危機感を抱くでしょう。相手と別れるかもしれない状況に焦り、距離を置くことに反対したり距離を置いている最中に連絡してしまう人もいるはずです。

    ただ、距離を置くことがカップルにとってプラスになることがあるということは覚えておくべきところ。距離を置くことで気持ちに整理がついたり、相手への気持ちが再確認できたりと、二人とってメリットになることもあるのです。

    相手に「距離を置きたくない」「一時も離れたくない」としがみ付いてしまっては、相手の負担となり、余計に別れやすい状況になってしまいます。きっとそれは、あなたが望んでいないことではないでしょうか。

    だとしたら、距離を置くことのメリットをよく理解した上で、受け入れることが大切です。無理に引き止めようとする行動は、余計に別れる確率を高めてしまうでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)