ママ友がいない人の特徴をパターン別に解説!ママ友の作り方もご紹介

ママ友がいないという悩みを持つ人は意外と多いようです。ママ友がいることでトラブルが起きて悩みの種になるという人もいますが、おかげで育児が楽しくなったなど、やはりメリットも多いようですね。この記事では、ママ友ができない人の特徴を踏まえ、ママ友作りのコツを伝授していきます!

  • ママ友ができない…一体どうしたら良いの?

    子供を通して仲良くなったママのことを「ママ友」といいます。ママ友については巷でも様々な話題が出ており、特にママ友にまつわるトラブルは多くの女性が経験しているようですね。ところが、そもそもママ友がいない、できないという人も一定数いるようなのです。

    ママ友がいないことを特に気にすることなく幸せに暮らせているのなら、まったく問題ないでしょう。でも、本当はママ友がほしい、ママ友がいないことが辛いと感じている人にとっては深刻な悩みなのではないでしょうか。

    そこで本記事では、ママ友がいない、できないのはなぜなのかということをママ友がいない人の特徴を挙げながら解説していきます。そしてママ友を作る方法についてもお伝えしますので、ぜひ参考にしてみて下さい。
  • ママ友がいない人の特徴|心理編

    ではさっそく、ママ友がいない人の特徴についてご紹介していきます。ママ友がいない人にはよく見られるのが、共通して見られる特徴があります。

    ママ友というのはあくまでも子供の母親同士という関係性ですので、わざわざ作ろうと思うよりは自然とできていくことが多いのです。

    では、具体的にどのような特徴によりママ友ができにくくなってしまうのか、見ていきましょう。心理編の特徴、見た目編の特徴、性格編の特徴とに分けて、ママ友がいない人の特徴をご説明していきます。まずは心理編の特徴からご紹介します。

    孤独を感じている


    「私はいつも一人ぼっち」「誰も私のことなんてわかってくれない」と思い込んでいませんか?ママ友がいないと、孤独を感じる場面は確かにあるでしょう。その寂しさをいつも抱えたまま生活していると、気分がどんどんネガティブになってしまいます。

    孤独を感じる心理により、ネガティブになるせいでさらに孤独から抜け出しにくくなってしまうのです。このように、ママ友がいない人には孤独に縛られがちな特徴があるため、ママ友を作るための前向きな行動を自分から遠ざけてしまうのだと考えられます。

    ママ友がいない自分が恥ずかしい


    また、ママ友がいない自分を恥じる気持ちも多くの人が抱えている特徴でしょう。周りのママたちはグループで楽しそうにおしゃべりしているのに、自分は一人ぼっち。そんな、ぼっちな自分を周りに見られたくないという思いが出てくるのは自然なことです。

    ですが、その恥ずかしさのせいでどんどん周囲を遠ざけてしまうということも、ママ友がいない状況を長引かせることになります。子供の行事への参加もパパ任せにしたり、送迎も誰とも話さずさっさと済ませたりといった行動につながり、人との接点が持てなくなるからです。

    ママ友を作りたくて張り切りすぎている


    先ほどもお伝えしましたが、ママ友はあくまでも子供の母親同士という関係です。ママ友ができるきっかけは、子供同士が仲良くなったからとか、クラスの係などが同じだったから、家が近所だったから自然に…といったケースがほとんど。

    そのため、ママ友を作ろう!とあまりに張り切りすぎている特徴がある人は、逆に浮いてしまうのです。そして、張り切っている割に成果が出ないため、落ち込んでしまうことも…。張り切って空回りした結果、ネガティブな考えに閉じこもってしまう人も少なくありません。

    そもそも作る気がない


    ママ友はほしいけど、自分から動くのは面倒くさいというように、最初から作る気がないという人もママ友がいない状況になりやすいです。

    ママ友なんていらないと割り切ってしまえば楽になれるのですが、心の奥では寂しい気持ちがあるという人も少なくないでしょう。

    ママ友は張り切って作るものではありませんが、作る気がないという諦めの姿勢では人を寄せ付けにくい雰囲気が出てしまいますし、ママ友と知り合うきっかけすら逃してしまいます。