「LINEをやめたい…」そんな時は正しい対処法でストレスフリーに

  • LINEをやめたいと思った瞬間≪後編≫

    中には、対策をすることでやめる必要までないものもあります。LINEをやめたいと思った時は、対処する術があるかどうかを確認することも大切ですね。

    他には、どのような時にLINEをやめたいと思うのでしょうか。引き続き、やめたくなる瞬間をご紹介します。

    相手の既読や返事を気にしてしまう時


    仲の良い友達や恋人にLINEを送ったものの返事がない時、「読んだかな?」と確認する人が多いのではないでしょうか。既読になっているかを確認したところで、返事が来るとは限りません。ただ、内容を読んでいるかどうか気になりチェックしてしまうでしょう。

    しかし、相手が読んでいると分かったら分かったで、返事が来ないことが気になってしまうもの。「何か悪いこと言ったかな?」「なんで無視するんだろう」と不安になり、モヤモヤした時間を過ごすことになるでしょう。

    そうした時にLINEをやめたいと思う人もいます。相手の既読や返事をいちいち気にしてしまう自分が嫌でやめたくなるのです。

    LINEをする暇がないくらい忙しい時


    仕事が忙しくなった人、あるいは恋人ができて毎日充実した日々を過ごしている人がLINEをやめたいと思うこともあります。

    この場合はLINEをする暇がないくらいに忙しい、あるいは毎日が充実しているために、周りから来るLINEを鬱陶しく感じているのでしょう。または、返事ができないでいることに申し訳なく思い責任を感じている場合もあります。

    出会った人にLINEを聞かれた時


    出会って間もない段階で、相手からLINEを聞かれることがあるでしょう。連絡をとるために、あるいは仲を深めるためにと、LINEを交換したがる人もいます。

    ただ、中には「親しい人としかLINEしたくない」という人もいるはず。そうした人にとっては、出会った人にLINEを聞かれることは苦痛でしかないでしょう。

    LINEをしていないという事実があれば、交換する必要がなくなります。ですから、信頼していない人、仲が良くない人と連絡先を交換しなくて済むようにと、LINEをやめる人も少なくありません。

    きっと、出会ったばかりの人に「LINE交換したくない」「あなたとは繋がりたくない」と言える人はそう多くはないはず。断ることが苦手な人やハッキリと意見を言えない人に多く見られるやめたい理由です。

    知りたくなかった情報を知ってしまった時


    グループLINEをしている場合、自分とは無関係な話で盛り上がる時もあるでしょう。そうした中、もし自分が知りたくなかった情報が飛び交っていたらどうでしょうか。やめたいとすら思ってしまうはずです。

    例えば、「この間皆で行った○○にまた行きたいね」と誰かがLINEしたとします。その集まりにあなたが誘われていなかったとしたら、「いつの間に遊んでたの?」と嫌な気持ちになるはずです。

    その人が意図的にしたことではなかったとしても、知らなくても良い情報を知ってしまったら、不快感を抱くでしょう。また同時に、表面的な関係だったと気付き孤独感を抱く人もいます。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)