彼氏が将来の話をしてくれない!結婚を意識させる方法&対処法まとめ

  • 将来の話をしてくれない彼氏の対処法|前編

    「彼氏と結婚したいと思っているのに、将来の話をしてくれない…」と悩みを抱えていることはありませんか?そんなときは、最適な対処法を取り入れていきましょう。ぴったりの対処法を活用できれば、きっと将来の話をしてくれるようになります。

    直接話し合う


    二人の関係を一歩進めるためには、直接話し合うことも大切です。彼氏が将来に対して何を考えているのか、本音を聞く機会を設けてみてはいかがでしょうか。本音を曝け出すことで、お互いの考えを明らかにすることができます。

    ただし、あまり重たいムードで話し合いをすると彼氏のプレッシャーになってしまうことがあるはず。あくまでも話しやすい雰囲気を作ることが大切です。

    公園デートでピクニックをしているときにさらっと将来についての話をしてみるなど、彼氏が負担に思わない切り出し方が重要です。お互いにリラックスして本当のことを言えるように配慮すれば、心の中のわだかまりは解けていくはずです。

    結婚観について話す


    お互いにどのような結婚観を持っているのか話すのも、おすすめの方法です。相手のことがどんなに好きだったとしても結婚観が合わなければ一歩踏み出すことができないため、じっくり話してみてください。

    「将来的に子供は何人欲しい」「結婚した後、奥さんには家にいてほしい」といったように、彼氏の結婚に対する本音を聞くことで、将来をどう考えているのかはっきりさせられます。そして、自分の結婚観についても本当のことを話してみましょう。

    結婚について話しているうちに、「彼女はきっと結婚したいんだろうな」と彼氏が思ってくれるはず。結婚を意識する第一歩として、お互いの結婚観を話してみてください。

    他の男をチラつかせて焦らせる


    将来の話をしない彼氏は、「このままの関係でも彼女が自分から離れていくことはない」と安心し切っている可能性があります。そんな彼氏は、少し焦らせた方が良いでしょう。「自分はずっとあなたと一緒にいるとは限らない」ということを察してもらえるようにしてください。

    例えば他の男性の存在をチラつかせて彼氏を焦らせる方法があります。「○○君はいつも自分の意見をはっきり言って立派だなと思う」といったように、自分以外の男性の陰を感じさせることを言ってみましょう。

    そうすることで、「彼女が誰かにとられるかもしれない」という危機感を抱かせやすくなります。ただし言いすぎると浮気を疑われることがあるので、気をつけてください。

    このままなら別れると伝える


    「いつまでも待っているタイプではない」ということを彼氏に知ってもらうことも、重要なポイントです。「このまま将来の話をしてくれないのなら、別れる」と伝えてみてください。そのときになって初めて、彼氏は結婚を意識してくれる場合があります。

    本当に彼女のことを大切に思っている彼氏なら、別れると伝えた時点で将来の話を持ち出してくれるはず。彼女を失うことを恐れ、結婚に積極的になってくれるでしょう。

    もし別れると言っても彼氏が変わらないなら、残念ながら将来のことを真剣に考えていないサインです。諦めて、他の男性を探すのも1つの方法でしょう。
  • 将来の話をしてくれない彼氏の対処法|後編

    将来の話をしてくれない彼氏の対処法は、他にもあります。最適な方法を取り入れることで、彼氏の意識を変えることができるはず。どの方法なら彼氏をその気にさせることができるのか、考えながら対処してみてください。

    経済的に彼氏を支えられることをアピールする


    「自分は収入が少ないから、結婚は難しいかな」と感じている男性は少なくありません。「共働きでもOK」と考えているなら、そんな彼氏の不安を払拭することを言ってあげることが大切です。

    「私は結婚した後も働き続けたいな」「仕事が大切だから、結婚しても辞めるつもりはない」といったように、仕事に対する熱意をアピールしてみましょう。そうすることで、「自分の収入が低くても、なんとかなるかもしれない」と彼氏に思わせることができます。

    二人で一緒に生活する上で、経済的な問題は大きなポイントになるため、お互いに安心して暮らせる体制を作ることが大切です。彼氏に経済的に頼るのではなく、自立できることをアピールしてみてください。

    占いで結婚を意識させて将来の話をする


    占いをきっかけに結婚を意識させる方法もあります。占い雑誌などを持ち出して、「結婚運が抜群に良いらしいよ」といったように、結婚に関連した占いを見せてみると良いのではないでしょうか。占いが好きな彼氏なら、影響されて結婚について考えてくれる場合があります。

    また「今年は人生に変化をもたらすのに最適らしい」といったように、遠回しに結婚を意識させるのもおすすめです。結婚というワードを言わなくても、「人生の変化」「ターニングポイント」といった言葉を使うことで、二人の関係を進めるきっかけを掴めるかもしれません。

    知人の結婚式の話を彼氏にする


    知人の結婚式に行った後は、彼氏にその話をしてみましょう。「○○ちゃん、花嫁姿がとても綺麗だったなあ」「両親への手紙を読むシーンで泣いちゃった」といったように、結婚式に対してポジティブな感想を言ってみるのがおすすめです。

    そうすることで、「きっと彼女は結婚したいんだろうな」と彼氏に思わせることができます。彼氏が鈍いタイプの場合は「私もあんな結婚式がしたい」など、ストレートに言ってみるのも良いでしょう。

    結婚への憧れをアピールすることで、彼氏が将来のことを考えるきっかけを作れます。

    年齢に対する危機感を抱かせる


    「もう30代だから若くないよね」といったように、年齢に対する危機感を抱かせる方法もあります。いつまでも若いつもりでいる彼氏にとっては、年齢への危機感は大きな影響を与えるでしょう。

    「もう若くないのだから、結婚を考えた方が良いかな」と思ってくれることもあるはず。自分たちの年齢を意識させることで、結婚に向けた話をしやすくなります。

    また子供が欲しいと思っている女性の場合、出産までにはタイムリミットがあります。彼氏がそのことに意識的でないと、なかなか将来の話をしてくれないこともあるでしょう。そんな場合は、「出産できる年齢には限りがあるんだよ」と言ってみるのも良いかもしれません。

    家族に助けてもらう


    家族に協力してもらい、結婚に向けて動き出してみるのも良いでしょう。彼氏に家族を紹介した後、自分だけお手洗いに立って家族と話してもらう時間を作ってみてください。

    事前に家族と打ち合わせをして、「○○は昔から結婚願望が強いみたい」「どうぞ、これからもよろしくお願いします」といったように結婚に関連したことを言ってもらってみてはいかがでしょうか。

    彼女から切り出すより、家族から言われた方が真剣に受け止めてもらえる可能性が高くなります。