彼氏が将来の話をしてくれない!結婚を意識させる方法&対処法まとめ

  • 彼氏が将来の話をするタイミングはいつ?

    彼氏が「そろそろ将来の話をしようかな」と思うタイミングがあると言われています。そのタイミングに将来の話をするのに適した雰囲気作りができれば、意外とトントン拍子に話が進んでいくことも。彼氏はいつ将来の話をしたくなるのか、タイミングをチェックしましょう。

    節目の年齢で将来の話をする


    年齢は、結婚を考える上で重要な部分を占めます。それまでは将来の話を意識していなかった彼氏も、節目の年齢を迎えた時点で「結婚を意識して彼女と付き合わないとな」と思うようになるでしょう。

    節目の年齢として挙げられるのが、30歳です。20代から30代に変わるのは、人生において大きな意味を持っていると考えられます。20代は仕事を頑張って恋愛を楽しむというスタンスだった男性も、30代に入った後は恋愛を楽しむというよりは安定した家庭が欲しくなります。

    そして仕事にも慣れてきた段階なので、余裕を持って家庭を築いていけるという自信を持てるはず。30代に入った段階で彼女の方からも将来の話をにおわせると良いでしょう。

    周囲に結婚を急かされた時に将来の話をする


    周囲からの影響によって将来の話を意識することもあります。例えば実家に帰った時に、「まだ結婚相手が見つからないの?」「良い年齢になっても落ち着かないのはみっともない」といったように責められることがあると、嫌でも結婚を意識するようになるはずです。

    このように周囲から急かされたことで、「親も期待しているし、彼女と将来の話をした方が良いかな」と考えて、彼氏の方から話を切り出してくることがあります。そのため、実家から帰ってきた彼氏からいきなり将来の話をされるパターンは少なくありません。

    将来の話を彼氏にしてもらいたい場合は、実家に帰るように持ちかけてみるのも良いでしょう。

    大きな仕事の区切りがついた時に将来の話をする


    大きな仕事を抱えた状態だと心に余裕が生まれず、「まだ結婚は無理だな」という気持ちになりやすいです。そして大切な仕事に一区切りがつき、プライベートに余裕が生まれたタイミングで「仕事も落ち着いたし、そろそろ結婚かな」と思うようになります。

    仕事優先主義の男性の場合は、仕事が忙しければ忙しいほど彼女のことを放置しやすいですが、そこはグッと我慢することが大切です。大きな仕事を抱えている時に将来の話を急かそうとすると、あなたの印象が悪くなります。

    仕事に区切りがつくのを辛抱強く待っていれば、彼氏の方から将来の話をしてくれる可能性が高くなるはず。彼氏の仕事を見守り、将来を考えてくれる時期を待ってみてください。

    記念日が訪れた時に将来の話をする


    「付き合って三周年記念日」や「彼女の誕生日」など、記念日が訪れた時に将来の話を意識することもあります。付き合って○周年の記念日は二人にとっての一区切りになるため、「将来の話をするべきタイミングかな」と彼氏が思いやすくなるのでしょう。

    また彼女の誕生日が訪れて30代に近づいてくると、「男としてけじめをつけなければならない」という気持ちが強くなります。30代までに結婚したいと思っている女性は多いため、その気持ちに応えるように将来の話をしてくれることがあるはず。

    そのため、記念日を二人でお祝いするのは重要なポイントになります。記念日を大切にすることで、彼氏が将来の話を切り出される可能性があるでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)