彼氏が将来の話をしてくれない!結婚を意識させる方法&対処法まとめ

  • 見逃さないで!彼氏が出している結婚のサイン|後編

    彼氏が出す結婚のサインは、他にもいろいろあります。うっかり見逃して結婚のチャンスを逃さないようにしましょう。どのようなサインがあるのか確認して、彼氏の普段の言動を探ってみてください。意外なところに結婚のサインが隠れているかもしれません。

    自分の仕事の今後について話をする


    男性は、「生活を共にする人には自分の仕事について知ってもらいたい」と思うことがよくあります。仕事が何を成し遂げたいのか、将来的にはどんな仕事にチャレンジしたいのかなど、自分の仕事の今後について話をすることが多くなったら、結婚のサインです。

    仕事の今後について話をすることで、彼女の反応を見ていると考えられます。仕事の目標に対して応援をしてくれる彼女なら「一緒に人生を歩んでいきたい」と思えるはず。逆に仕事のビジョンに否定的な彼女だと「将来を考えるのは難しい」と感じるようになります。

    彼氏が仕事の今後について話したら、自分なりの意見を言ってみましょう。肯定から入ることで、彼氏に良い印象を与えられます。

    将来的に彼女が仕事を続けるか否かを聞く


    結婚をした後に彼女が仕事をどうするのか気になる彼氏は多いです。「自分がバリバリ稼ぐから、彼女には家庭に入ってもらいたい」と思っている彼氏や、「収入に不安があるから、結婚後は共働きでいきたい」と思っている彼氏など、仕事に対する考え方はさまざま。

    仕事に対する考えを聞かれた時に彼氏の考えに合致する答えを出すことができれば、「この人と結婚したい」という気持ちが強くなります。彼氏が彼女の仕事に対してどう思っているのか、事前に探っておくと良いでしょう。

    もし仕事に対する考え方が彼氏と違うなら、結婚前にすり合わせておくことも大切です。考えが違ったとしても、話し合いで納得のいく結論が出せれば問題はありません。

    結婚をした友人の話をする


    結婚を意識し始めた彼氏は、「彼女にも結婚に乗り気になってほしい」と思うようになります。そのため、結婚をした友人の話をすることが多くなるでしょう。

    「○○は結婚をして一年になるみたいだけど、すごく幸せそうなんだよなあ」「××の子供に会ってきたけど、やっぱり可愛かった」といったように、友達の結婚に対して肯定的な話をしていたら、彼氏の中で結婚したい気持ちが強まっていると考えられます。

    このような話が出たら、「幸せそうだ羨ましいなあ」といったように、彼女側からも結婚に肯定的な反応をしてみてください。「彼女も結婚したい気持ちが強いのかな」と彼氏に思わせることができます。

    自ら料理や掃除をしてくれる


    結婚願望が強い男性は、「自分が結婚にふさわしい人だと彼女に思ってもらいたい」と考えるようになります。そのために、自ら料理や掃除をしてくれることが多くなるでしょう。

    家事のスキルを彼女に見てもらうことで「自分と結婚したら、家事で苦労することはない」ということを示していると考えられます。手料理を振る舞ってくれたり、同棲中に積極的に掃除をしてくれたりといったことがあったら、結婚のサインと思っても良さそうです。

    ただし、彼氏に全て任せきりだと呆れられてしまうことがあるので注意が必要です。彼氏が何かしてくれたら、それに対するお礼をするように心がけてみてください。
  • 将来の話をしない彼氏にどう結婚を意識させた?

    「彼氏がなかなか将来の話をしてくれない…」と悩んでいる女性は多いはず。それでは、将来の話をしない彼氏には、どのようにして結婚を意識させれば良いのでしょうか。実際の体験談を通して、ノウハウを学んでいきましょう。

    将来の話をしない彼氏に結婚を意識させることに成功した女性の体験談を紹介します。これをヒントにして、結婚に向けて動き出せるように工夫してみてください。

    結婚している友人の自宅に連れて行った


    「彼氏に結婚を意識してもらうためには、やっぱり実際に結婚をした人を見てもらうのが一番だと思いました。なので、結婚している友人の自宅に連れて行く作戦を取り入れました。幸せそうな友人の姿を見て、彼氏も結婚を意識したようです」(28歳/女性/金融)

    いつも二人で会っているだけでは、関係が進展せずズルズルと付き合い続けることがあります。彼氏に将来の話をしてほしい場合は、普段とは違うことをして関係に変化をもたらすことが大切です。

    この事例のように、結婚をしている友人の自宅に連れて行くのは効果的な方法と言えます。結婚生活を目の前にすることで初めて、彼女との将来を意識してくれるのではないでしょうか。

    距離を置いて彼の気持ちを試した


    「なかなか将来の話をしてくれな彼氏に痺れを切らして、『しばらく距離を置こう』と持ちかけました。私が会ってくれないことに焦ったのか、数日後に「将来の話がしたい」と持ちかけてくれました。彼の気持ちを試して良かったです」(30歳/女性/マーケティング)

    将来の話を避ける傾向がある彼氏は、気持ちを試すのがおすすめです。本当に結婚をする気があるのか、距離を置いて見極めることができます。距離を置いたことで彼女の大切さが身に染みてわかり、将来の話をしてくれる場合があるはずです。

    将来について全く考えていない彼氏は、距離を置いても何の反応もない場合があります。そんな彼氏とは早めに区切りをつけた方が良いでしょう。

    将来の話を彼氏に直接言ってみた!


    「彼氏から将来の話をしてくれないのなら、私から切り出す他ないと思いました。だから、二人で会った時に『二人の将来のこと、どう考えてる?』と思い切って聞くことに。『ちゃんと考えている』と彼氏が言ってくれて、心のモヤモヤが晴れました」(27歳/女性/経理)

    切り出し方がわからず、なかなか将来の話ができない彼氏であるパターンも考えられます。そんなときは彼女の方から将来の話をすることで、彼氏の本音を引き出してみましょう。ストレートに聞いてみることで、どのように考えているのか教えてくれます。

    将来の話をして誤魔化すような言動が多いのであれば、二人のことを真剣に考えていない可能性があるので、気をつけてください。

    家事ができることを彼氏にアピールした


    「彼氏に結婚を意識してもらうためには、やっぱり家事スキルを見せるのが大切だと思い、料理や掃除を頑張りました。彼氏は私が家事を全然できないと思い込んでいたらしく、ちゃんと家事ができるのをみて結婚の意識が高まったと言ってましたね」(26歳/女性/総務)

    家事ができるかどうかは、彼氏が結婚を考える上で重要なポイントになります。「彼女は実家暮らしだから家事ができない」といったように彼女の家事スキルに対してマイナスなイメージを持っている男性の場合は、将来の話をしてくれないことがあるでしょう。

    そんなときは、マイナスイメージを払拭することが大切です。家事ができる女性だとアピールすれば、彼の意識が変わります。

    彼氏の両親と仲良くなった


    「やっぱり、外堀から埋めて行くことが先決だと考えて、彼氏の両親と仲良くなる努力をしました。彼は両親から『あの子は本当に良い子だから、結婚しなきゃ損』と言われて、結婚の決意をしたみたいなので頑張って良かったです」(32歳/女性/営業職)

    周りから言われることで初めて結婚を意識し始める男性もいます。家族に紹介してくれたものの、なかなか将来の話をしてくれないのであれば、両親と仲良くなるのもおすすめの方法です。

    両親から「あの女性は結婚相手にふさわしい」と肯定的な意見を聞くことで、彼氏も「この人を逃したら、他に適した結婚相手が見つからないかもしれない」と思って結婚に積極的になる可能性が高くなります。