彼氏が将来の話をしてくれない!結婚を意識させる方法&対処法まとめ

  • 彼氏が将来の話をするタイミングはいつ?

    彼氏が「そろそろ将来の話をしようかな」と思うタイミングがあると言われています。そのタイミングに将来の話をするのに適した雰囲気作りができれば、意外とトントン拍子に話が進んでいくことも。彼氏はいつ将来の話をしたくなるのか、タイミングをチェックしましょう。

    節目の年齢で将来の話をする


    年齢は、結婚を考える上で重要な部分を占めます。それまでは将来の話を意識していなかった彼氏も、節目の年齢を迎えた時点で「結婚を意識して彼女と付き合わないとな」と思うようになるでしょう。

    節目の年齢として挙げられるのが、30歳です。20代から30代に変わるのは、人生において大きな意味を持っていると考えられます。20代は仕事を頑張って恋愛を楽しむというスタンスだった男性も、30代に入った後は恋愛を楽しむというよりは安定した家庭が欲しくなります。

    そして仕事にも慣れてきた段階なので、余裕を持って家庭を築いていけるという自信を持てるはず。30代に入った段階で彼女の方からも将来の話をにおわせると良いでしょう。

    周囲に結婚を急かされた時に将来の話をする


    周囲からの影響によって将来の話を意識することもあります。例えば実家に帰った時に、「まだ結婚相手が見つからないの?」「良い年齢になっても落ち着かないのはみっともない」といったように責められることがあると、嫌でも結婚を意識するようになるはずです。

    このように周囲から急かされたことで、「親も期待しているし、彼女と将来の話をした方が良いかな」と考えて、彼氏の方から話を切り出してくることがあります。そのため、実家から帰ってきた彼氏からいきなり将来の話をされるパターンは少なくありません。

    将来の話を彼氏にしてもらいたい場合は、実家に帰るように持ちかけてみるのも良いでしょう。

    大きな仕事の区切りがついた時に将来の話をする


    大きな仕事を抱えた状態だと心に余裕が生まれず、「まだ結婚は無理だな」という気持ちになりやすいです。そして大切な仕事に一区切りがつき、プライベートに余裕が生まれたタイミングで「仕事も落ち着いたし、そろそろ結婚かな」と思うようになります。

    仕事優先主義の男性の場合は、仕事が忙しければ忙しいほど彼女のことを放置しやすいですが、そこはグッと我慢することが大切です。大きな仕事を抱えている時に将来の話を急かそうとすると、あなたの印象が悪くなります。

    仕事に区切りがつくのを辛抱強く待っていれば、彼氏の方から将来の話をしてくれる可能性が高くなるはず。彼氏の仕事を見守り、将来を考えてくれる時期を待ってみてください。

    記念日が訪れた時に将来の話をする


    「付き合って三周年記念日」や「彼女の誕生日」など、記念日が訪れた時に将来の話を意識することもあります。付き合って○周年の記念日は二人にとっての一区切りになるため、「将来の話をするべきタイミングかな」と彼氏が思いやすくなるのでしょう。

    また彼女の誕生日が訪れて30代に近づいてくると、「男としてけじめをつけなければならない」という気持ちが強くなります。30代までに結婚したいと思っている女性は多いため、その気持ちに応えるように将来の話をしてくれることがあるはず。

    そのため、記念日を二人でお祝いするのは重要なポイントになります。記念日を大切にすることで、彼氏が将来の話を切り出される可能性があるでしょう。
  • 見逃さないで!彼氏が出している結婚のサイン|前編

    彼氏がはっきりと将来の話を口に出さなくても、普段の言動で結婚のサインを出している場合があります。「将来の話をしてくれない…」とモヤモヤしていても結婚のサインを見極められれば、安心できるはず。彼氏が出す結婚に向けてのサインをチェックしてみましょう。

    ストレートに結婚の話をしてくる


    素直に気持ちを表現することができる彼氏の場合は、ストレートに結婚の話をしてきます。「結婚をした後は、○○に住みたいよね」「結婚してから子供は何人くらい作りたいかなあ」といったように、結婚に関連した話が多くなるでしょう。

    このように彼氏の口から「結婚」というワードがたくさん聴かれるようになったら、結婚を意識しているサインです。近々、具体的な将来の話をしてくる可能性があります。彼氏が結婚に関連した話をしてきたら、積極的に乗るようにしましょう。

    せっかく彼氏が結婚の話をしたのに釣れない態度をとっていると、「もしかして自分と結婚したくないのかな」と彼氏に思われてしまう可能性があります。

    同棲を考え始めている


    「結婚をする前に一緒に住んで、二人の相性を確かめたい」と考える男性は多いです。結婚後に生活習慣や価値観の違いで別れを選ぶよりは、同棲をしてお試し期間を過ごした方がお互いにダメージが少ないと考えているのでしょう。

    そのため、彼氏から同棲についての話が多くなったら結婚を意識していると言えます。今までの関係から一歩先に進みたいからこそ、同棲を彼女に切り出しているはずです。彼氏が同棲を考え始めているのであれば、「私も同棲したい」と気持ちを伝えてみてください。

    同じ気持ちであることがわかれば、彼氏も同棲に向けて動き出しやすくなります。結婚に適した相手かどうか、同棲によって見極めていきましょう。

    家族に紹介してくれる


    結婚を意識していない人を家族に紹介することは、ほとんどありません。結婚を考えているからこそ、彼氏は「家族に紹介したい」と思うようになります。「今度、自分の彼女と会ってほしい」と彼氏に言われたら、将来の話をしてもらえる日は近いです。

    ここで大切なのが、家族に対して好印象を残すこと。彼女と家族の相性を見て、「この人なら結婚しても家族とうまくやっていけそうだ」と確信を持てた段階で、将来の話をしてくれる可能性が高くなります。

    彼氏の家族と会う場合は最低限のマナーを守り、良い関係を築くようにしてください。また、彼氏の親を味方につければ、結婚までの道のりはグッと近くなるはずです。

    高価な贈り物をくれる


    男性は、余程大切な人でなければ高価な贈り物はしないと考えられます。どうでも良いと思っている女性に対しては「お金を使うのはもったいない」と思って、ほとんどプレゼントをくれない場合もあるでしょう。

    そのため、高価な贈り物をしてくれる彼氏は結婚を意識している可能性が高いです。彼女のことが大切だからこそ、それに見合った高価な贈り物を選んでくれています。誕生日や記念日でワンランク上のプレゼントをもらったら、彼氏の愛情は深まっていると言えるでしょう。

    贈り物の良し悪しは、彼氏の自分に対する愛情の深さと考えてみてください。もしかしたら、贈り物をしたタイミングで彼氏から将来の話をしてくれるかもしれません。

    彼女の家族について質問をする


    結婚は、家族同士のつながりを作るものです。本人たちだけでなく、その家族とも良い関係を作る必要があります。そのため、結婚を意識し始めた彼氏は彼女の家族についての質問が多くなるでしょう。

    彼女の家族がどんな人たちなのか情報を仕入れ、きちんと付き合っていけるかどうか考えるためです。「お父さんはどんな人?」「兄弟との仲は良いの?」といったように、家族の話が多くなったら結婚を考えているサインと言えます。

    彼氏に悪い印象を与えないように、家族の良いところを伝えるようにしてみてください。彼女の家族に対して良い印象を抱くことができれば、「将来に向けて一歩踏み出してみよう」という決心がつきやすくなります。