本当の愛を確かめる方法は?恋人にされると嬉しい愛情表現もご紹介

「本当の愛って何だろう」と悩む人必見!この記事では、本当の愛とは何か、男女の本当に好きな人への愛情表現や、本当の愛を確かめる方法をまとめてみました。恋人にされると嬉しい愛情表現もご紹介します。本当の愛とはどんな愛なのかを知り、恋人への愛情表現の参考にしてみてくださいね!

  • 「本当の愛」がどんなものか知っていますか?

    「本当の愛」という言葉から、あなたはどんな愛を連想しますか?いくつかの恋愛を経験した大人であっても、本当の愛がどんなものか分からないという人は多いのではないでしょうか。

    多くの人が、「本当の愛って何だろう?」「恋人は私に本当の愛をくれているかな?」と疑問に思うことがあるようです。また、「恋人に本当の愛を伝える方法を知りたい!」という人もいるでしょう。

    ここでは本当の愛とはどういうものか、また本当の愛かどうかを確かめる方法をまとめてみました。本当の愛を伝えたい人のために、恋人にされると嬉しい愛情表現もご紹介します!
  • 本当の愛の定義とは?

    「本当の愛」という言葉から、お互いの愛を激しく求めあうドラマティックな恋愛を連想する人もいるのではないでしょうか?ラブストーリーの映画や小説の中に描かれる愛のイメージから、本当の愛は激しく苦しいもの、と思い込んでいる人も多いかもしれません。

    しかし実際、本当の愛とは、多くの人がイメージしているような激しいものではないようです。

    ここではまず、本当の愛とはどういうものなのか、その定義をまとめてみました。

    見返りを求めない


    本当の愛は、求めるより与えることに喜びを感じる愛です。そして、与えるものに対する見返りを求めることもありません。

    見返りを求めるとは、相手を自分の思い通りに変えたいという欲求を持つこと。例えば、「自分が相手を愛しているから、相手にも自分を愛して欲しい」という気持ちは、見返りを求めているから起こるものです。

    本当の愛を持つと、相手に自分の都合よく変わって欲しいという気持ちはなくなります。相手に何かをして欲しい・変わって欲しいと望む依存心はなく、相手に愛を与えるだけで満たされるのが、本当の愛なのです。

    一緒にいるだけで幸せ


    相手と一緒にいるだけで幸せなのも、本当の愛です。本当の愛で結ばれている二人は、相手が側にいてくれるだけで感謝することができます。離れているときも心の繋がりを感じ、相手がこの世に存在していることに幸せを感じられるでしょう。

    一緒にいるだけで幸せなのは、相手に対して何も求めていないから。ありのままの相手を肯定し、相手の存在を受け入れている状態なので、他に何かを求める必要がないのです。

    例えお金や物が十分に無い状況だったとしても、相手と一緒にいるだけで満たされた気持ちになれたなら、それは相手を本当に愛しているからだと言えるでしょう。

    ありのままを受け入れる


    本当の愛があれば、欠点や自分にとって都合の悪い部分も含めて、ありのままの相手を受け入れることができます。相手の外見も内面も全てを受け入れ、相手の自分らしい生き方を尊重したいと感じるでしょう。

    本当の愛には、嘘がありません。自分も相手に対し、ありのままの自分を出すことができます。自分を良く見せたり偽ったりする必要がないので、相手に対して正直になれるのです。

    本当の愛で結ばれている二人は、お互いにありのままを受け入れ合える関係と言えます。一緒にいることで、より自分らしく生きる喜びを感じられるでしょう。

    安らぎがあり、穏やか


    本当の愛は見返りを求めず、相手に与える喜びを感じられるもの。そのため、相手に愛情を求めるがゆえの不安や不満を感じません。相手と一緒にいるだけで満たされるので、安らぎがあり穏やかな気持ちになれます。

    恋愛で感じる不満・不安の多くは、「自分を満たしたい」という自己愛から起こるものです。本当の愛は、自分を満たす以上に相手を満たしてあげたいと望む気持ち。相手を愛することで自分は満たされているので、不満・不安は起こりません。

    そのため、本当の愛で結ばれている二人の関係は、穏やかで安らぎのあるものになるのです。