ラブホの使い方の決定版!基本ルールや部屋での過ごし方など徹底解説

ラブホの使い方がよくわからない!この記事では、そんな人のために、ラブホの基本的な使い方をご紹介します。料金システムや種類など、ラブホを選ぶ基準になるポイントをお伝えしますので、はじめてラブホを使う前に読んでおいて損はないはず。ラブホを楽しむためにも、使い方を覚えましょう。

  • 【ラブホテルの使い方】基本的なルール

    初めてラブホを使いたいと思っても、使い方がわからなくて困ることがあるでしょう。一緒に行く相手がラブホ経験者なら大丈夫と思いがちですが、そういった事情をなかなか聞き出せないこともありえます。また、それなりに年齢を重ねていると、ラブホの利用方法がわからないことを恥ずかしく思う人もいるかもしれませんね。

    ラブホの使い方で恥をかかないように、基本的なルールをしっかり知って、自信を持てるようになりましょう。パートナーが間違った使い方をしている場合にも、しっかり正せるようになれるとベストです!

    年齢制限について


    ラブホの利用には、年齢制限があります。そもそも、ラブホテルというものは風営法によって運営方法を定められていますので、当然「風俗」を利用できる18歳以上が対象です。

    ラブホとビジネスホテルの違いもここにあります。通称ビジホと呼ばれる宿泊施設は、その名の通り仕事で宿泊しなければならないときなどに便利につかえる施設ですので、宿泊が前提です。一部、デイユースが可能なホテルもありますが、基本的には宿泊で利用する人が多いでしょう。

    荷物を預かってくれたり、宅配を承ってくれたりするのはビジホ、そういったサービスがないのはラブホです。ほかにもいろいろな違いはありますが、大前提として「セックスするために貸す部屋」が、ラブホと思ってくださいね。

    そのため、風営法で定められた営業方法であり、18歳未満の使用はできません。原理的には、18歳を超えれば、高校生でも利用は可能です。

    人数や同性での制限は


    ラブホの使い方で一番調べられているのは、人数制限ではないでしょうか。3名以上で入室したい場合、受け入れてもらえるか不思議に思う人が多いようですよ。

    答えは、「場所による」です。3名以上利用可、としている施設なら、大人数用の部屋がありますので、定められている人数制限以内での使い方が許されます。料金については、部屋ごとで決まっていることもありますし、人数によって変動することもありますので、施設それぞれの使い方を聞きましょう。

    また、同性での利用は、ほとんどの場合が可能です。一部、同性不可としている施設もあるようですが、あまり多くはありません。

    ビジネス利用はできる?


    ラブホの使い方として、一人で利用することも可能ですので、もちろん出張先などでビジホ代わりに使うこともできるでしょう。しかし、ラブホによっては一時退室を許してもらえないところもありますので、荷物を置いて仕事に出る…などの臨機応変な使い方ができないこともあります。

    また、出張で利用するのなら、確実に宿泊先を確保しておきたいはず。ラブホは基本的に予約ができないことが多いので、確実性がないことも覚えておきましょう。そのほかにも、ラブホでは荷物を預かってくれなかったり、朝食やドリンクのサービスがなかったり、ビジホとしての使い方に追いついていないサービスが多いです。

    ラブホから出てくる姿を仕事関係の人に見られる危険性も加味すると、ビジネス利用は一度考え直した方が良いのではないでしょうか。

    顔は見られる?


    ラブホの使い方としては、セックスする目的が一番多いでしょうから、施設の人と顔を合わせたくないカップルもいるはず。「今からセックスします」という姿を、フロントの人に見られたくはないですよね。フロントの方は見慣れているので何も思わないでしょうが、使う方は気になるでしょう。

    基本的に、ラブホのフロントは、ルームキーをやりとりする小窓以外マジックミラー的なもので覆われていることが多いです。フロント内側からは利用者が見えますが、利用者側からは視線を感じることがありません。

    このように、ラブホは匿名性が高く、閉鎖的な空間であることから、犯罪のリスクも高いため、防犯対策が非常に万全です。室内には無いにしろ、入室前の段階では必ずどこかで防犯カメラに映ります。「完全に隠れられる場所」にはならないので、悪だくみはできませんよ。

    本人確認はされる?


    年齢制限があるとはお伝えしましたが、基本的に本人確認証などの提出は求められません。フロントにいる人や、カメラ越しに管理をしている人が不審だと思った場合のみ、提出を求められるでしょう。

    施設によっては、自己申告での住所・氏名・電話番号の記入用紙を渡してくることがありますが、最近では少ないようです。

    18歳を超えていて、不健全な利用でもないけれど、免許などは持っていない…という場合でも利用できますので、安心してください。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)