断れない人の心理や特徴とは?断れる人になるための方法を伝授!

本当は断りたいのに、どうしても断れないという人は多いのではないでしょうか。実は、断れない人には特有の心理と特徴があります。そこで今回は、断れない人の心理と特徴を紐解きながら、断れる人になるための方法を伝授!断れる人になりたい方、必見です。

  • 断れない性格の人の心理状態とは?

    「本当は断りたいけれど、どうしても断れない」という性格の人は少なくありません。そんな断れない性格の人は、どのような心理状態なのかが気になりますよね。

    そこでまずは、断れない性格の人の心理状態から見ていきましょう。

    嫌われたくない


    断れない性格の人は、人から何か頼まれた時に「断ったら嫌われるのではないか」と考えます。その結果、「本当は断りたいけれど、断って嫌われたくない」という心理状態に陥り、断れなくなってしまうのです。

    誰しも人に嫌われるよりは好かれる方がいいものの、嫌われたくないという心理が強すぎると、どうしても頼みを断れなくなってしまいますよね。

    引き受けたものの、「ああ、また嫌われたくなくて断れなかった…」と悔やむことになるのは避けられません。

    頼りになると思われたい


    周囲から頼りにされている人は、どうしても頼まれごとが増えます。困ったときに、周囲から「あの人なら助けてくれるはずだ」と思われ、「助けて!」と言いに来る人が増えるからです。

    断れない性格の人は「頼りになる人間だと思われたい」という心理から、周囲の人の頼みごとを受け入れてしまうことがよくあります。「自分の仕事をし、なおかつ人の頼みごとまでこなすなんてすごい!」と周りに思ってもらいたいからです。

    とはいえ、実際は人の仕事まで引き受けて悪戦苦闘ということがよくあります。周囲から「頼りになる」と思われているかどうか、残念ながら疑問が残るのではないでしょうか。

    関係性が崩れるのが怖い


    断れない性格の人は、「断って相手との関係がこじれたらどうしよう」という不安心理に陥ります。これまで良好な人間関係だったのに、断ったことで相手が機嫌を損ねないか、その結果、気まずい人間関係になるのではないかという心理です。

    確かに、頼みを断ることで「それならもういいよ!」と機嫌を損ねて行ってしまう人もいるでしょう。けれど、そうした人からは都合よく利用されている可能性が高いと言えます。

    むしろ、そうした人とは縁が切れてよかったのですが、そうは思えないのが断れない性格の人の特有の心理です。

    断ることに罪悪感を感じる


    自分の仕事で手一杯のときや、忙しくて時間がないときはどうしても断らざるを得ませんよね。それでも、断れない性格の人は断ることに罪悪感を感じてしまいます。

    断った結果、相手が困った状態に陥ろうものなら「あの時、自分が断っていたせいだ」とか「断らずに頼みごとを引き受けておけば、あの人が困ったことにはならなかったのに…」といった具合に、全てを自分のせいだと考え、罪悪感を感じることがしばしばです。

    けれど、本来は相手が自分で解決すべき問題であり、罪悪感を感じる必要はありません。とはいえ、断れない性格の人は「自分が断ったためにこんなことに」という心理になりがちです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)