断れない人の心理や特徴とは?断れる人になるための方法を伝授!

本当は断りたいのに、どうしても断れないという人は多いのではないでしょうか。実は、断れない人には特有の心理と特徴があります。そこで今回は、断れない人の心理と特徴を紐解きながら、断れる人になるための方法を伝授!断れる人になりたい方、必見です。

  • 断れない性格の人の心理状態とは?

    「本当は断りたいけれど、どうしても断れない」という性格の人は少なくありません。そんな断れない性格の人は、どのような心理状態なのかが気になりますよね。

    そこでまずは、断れない性格の人の心理状態から見ていきましょう。

    嫌われたくない


    断れない性格の人は、人から何か頼まれた時に「断ったら嫌われるのではないか」と考えます。その結果、「本当は断りたいけれど、断って嫌われたくない」という心理状態に陥り、断れなくなってしまうのです。

    誰しも人に嫌われるよりは好かれる方がいいものの、嫌われたくないという心理が強すぎると、どうしても頼みを断れなくなってしまいますよね。

    引き受けたものの、「ああ、また嫌われたくなくて断れなかった…」と悔やむことになるのは避けられません。

    頼りになると思われたい


    周囲から頼りにされている人は、どうしても頼まれごとが増えます。困ったときに、周囲から「あの人なら助けてくれるはずだ」と思われ、「助けて!」と言いに来る人が増えるからです。

    断れない性格の人は「頼りになる人間だと思われたい」という心理から、周囲の人の頼みごとを受け入れてしまうことがよくあります。「自分の仕事をし、なおかつ人の頼みごとまでこなすなんてすごい!」と周りに思ってもらいたいからです。

    とはいえ、実際は人の仕事まで引き受けて悪戦苦闘ということがよくあります。周囲から「頼りになる」と思われているかどうか、残念ながら疑問が残るのではないでしょうか。

    関係性が崩れるのが怖い


    断れない性格の人は、「断って相手との関係がこじれたらどうしよう」という不安心理に陥ります。これまで良好な人間関係だったのに、断ったことで相手が機嫌を損ねないか、その結果、気まずい人間関係になるのではないかという心理です。

    確かに、頼みを断ることで「それならもういいよ!」と機嫌を損ねて行ってしまう人もいるでしょう。けれど、そうした人からは都合よく利用されている可能性が高いと言えます。

    むしろ、そうした人とは縁が切れてよかったのですが、そうは思えないのが断れない性格の人の特有の心理です。

    断ることに罪悪感を感じる


    自分の仕事で手一杯のときや、忙しくて時間がないときはどうしても断らざるを得ませんよね。それでも、断れない性格の人は断ることに罪悪感を感じてしまいます。

    断った結果、相手が困った状態に陥ろうものなら「あの時、自分が断っていたせいだ」とか「断らずに頼みごとを引き受けておけば、あの人が困ったことにはならなかったのに…」といった具合に、全てを自分のせいだと考え、罪悪感を感じることがしばしばです。

    けれど、本来は相手が自分で解決すべき問題であり、罪悪感を感じる必要はありません。とはいえ、断れない性格の人は「自分が断ったためにこんなことに」という心理になりがちです。
  • 断れない性格の人の特徴とは?

    断れない性格の人には、いくつか特徴があります。この性格の特徴が、断れない人になる大きな要因です。

    そんな断れない性格の人の特徴とはいったい何なのか、早速ご覧ください。

    気が弱い


    断れない性格の人の特徴に、気が弱いというのが挙げられます。人の頼みを断らずに引き受けるため、一見、優しい人のように思えますが、実際は気が弱いために断れないのです。

    断れない人に多くみられる気が弱い性格は、子供の頃に構築されてしまう可能性が高いでしょう。親の言うことを素直に聞かないと怒られるような家庭環境に育ったり、自由に言いたいことが言えないといった状況も考えられます。

    優しい人は、自分にゆとりがなければきっぱりと断りますが、気が弱い人は断ることそのものが怖くてできません。ここが「優しい」と「気が弱い」の大きな差ですね。

    世話好き


    何かと世話好きな性格の人も、断れない性格の人に多い特徴です。ただ、世話好きな人は周囲からの頼みを「本当は引き受けたくないのだけれど…」と思いながら引き受けてしまうのではなく、自ら引き受けて回るという違いがあります。

    人の世話をあれこれ焼いているうちに、「その仕事が苦手なら、得意な私がやってあげる」といった具合に、次々と人の仕事を請け負っていくといった具合です。その結果、気が付けば「あの人もこの人も」といった感じで多くの頼まれごとを抱え込んでしまいます。

    引き受けた仕事をこなせるならいいですが、そうでないなら世話好きな性格は困りもの。自覚を持ってセーブしたいところですね。

    他人のことまで背負い込む


    断れない人は他人の感情に敏感だったり、共感しやすい性格をしていることがよくあります。そのため、「あんなにたくさんの仕事を任されてかわいそうに…」という気持ちになり、「お願いできる?」と言われると断れなくて引き受けてしまうのです。

    また、「かわいそう」とか「気の毒だ」などと感じやすい人は自ら、「何か手伝えることある?」と申し出て、他人のことまで背負いこむ特徴があります。

    ただし、はたからは大変そうに見えても、仕事が出来る人にとっては朝飯前ということもしばしば。自分側から見て判断してしまうと、余計なお世話ということもあります。

    自己主張できない


    人から頼みごとをされた時に断れない性格の人は、自己主張できない人と言い換えられるでしょう。断るには、なぜ断るのか理由を話さないといけませんが、これも自己主張の一つですよね。

    自己主張できないと、断りたい理由がどれだけあっても相手に言うことができません。結果的に「わかりました」と頼みごとを引き受ける羽目になります。

    自己主張しすぎる性格は嫌われますが、自己主張が出来なさすぎるのも問題です。出来ない時は「お断りします」と言えるようになりたいものですね。