一人っ子彼氏の性格的特徴や恋愛傾向は?攻略法&NG行動も伝授!

  • 一人っ子彼氏にしてはいけないNG言動

    一人っ子彼氏は意外と繊細で傷つきやすいので、慎重に扱わなければなりません。彼らに対するNG行為を頭に入れておいて、上手く関係を築いていきましょう。

    失敗を責めてはいけない


    一人っ子彼氏は両親から甘やかされて育った人も多く、怒られたり責められることにあまり慣れていません。それは打たれ弱さにも繋がり、責められると人並み以上に傷ついてしまうことも。

    相手に傷つけられたと感じると、それ以上は責められないように距離を取ってしまう恐れがあります。1度避けられると、関係を修復するのは困難です。もしも一人っ子彼氏が失敗したとしても、笑ったり責めてしまうのはNGですよ。

    協調性を求めない


    マイペースな一人っ子彼氏に対して、協調性を求めてはいけません。大人数での行動よりも単独行動のほうが向いているので、友人たちを集めての飲み会に誘うなどは控えたほうがいいでしょう。

    上手く家族や仲間に馴染めなくても、それを責めるのではなく一人っ子彼氏のペースに合わせてあげることが大切です。彼から心を開いてくれるまでは、温かく見守ってあげてください。

    甘えすぎない


    一人っ子彼氏はどちらかと言えば甘えられるよりも甘えたい願望があるようです。女性から引っ張ってあげるくらいのほうが、良い関係が築けるでしょう。

    困りごとがあったときに頼りすぎたり、すべてを委ねてしまうと重荷に感じてしまいます。身軽に生きていたいという考え方の人が多いので、甘えすぎて負担になってしまうのはNGです。

    決定権を奪わない


    甘えん坊な一人っ子彼氏なので、つい世話を焼きたくなってしまうかもしれません。しかし、彼らは自分のことは自分で決めたいとも思っているようです。そのため、「こうしたほうがいいよ」「私が決めておくね」などと決定権を奪われると窮屈に感じてしまいます。

    世話を焼くのはいいのですが、一人っ子彼氏の意志は尊重してあげることが大切です。彼が行動しやすいようにサポートすることが、関係を長続きさせるコツだと言えます。

    束縛しようとしない


    自由が好きな一人っ子彼氏に束縛は厳禁です。口うるさくしたり行動のすべてを把握しようとすると、だんだん彼が離れていってしまう恐れがあります。

    他の女性の影がちらつくようなら気をつけなければなりませんが、ただ彼の行動を把握したいだけという理由ならば縛りつけるのは逆効果です。

    一人っ子彼氏のことを信じて「自分の時間を楽しんでるんだな」と広い心で見守ってあげてみてください。一緒にいて居心地がいいと感じれば、彼のほうから歩み寄ってきてくれるはずです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)