「もうやだ」はSOSの合図!辛い気持ちを軽くする方法を徹底解説

  • 「もうやだ」と感じた時の気分転換法|前編

    「もうやだ」と心が悲鳴を上げる時には、次のような気分転換も必要です。

    自分の気持ちを上手くコントロールしていけるよう、自分に合った気分転換法は身につけておきましょう。また、悲鳴を上げる前に適度にリフレッシュすることも大切ですよ。

    ご褒美のデザートを買って食べる


    心が疲れた時には、どうしようもなく甘いものが欲しくなりますよね。そんな時こそ、我慢せずにご褒美のデザートを買って食べてみましょう。コンビニのスイーツでも、甘いものを食べることで心も体も癒されていきます。

    また、頑張った分だけ特別なスイーツを食べるのもおすすめです。「今日はこれだけ頑張った」「ここまで頑張った自分は偉い」など、スイーツを食べて自分を褒め、認めてあげると「もうやだ」と感じる心も軽くなっていきます。

    逆に、我慢してばかりではさらに心身に負担がかかるもの。食べたいと感じた時には、我慢せずに心の声に従ってみましょう。

    自分の好きなところを書き出す


    暗い気持ちに囚われていると、ついつい自分を卑下してしまうことでしょう。しかし、自分を卑下してはさらに暗い気持ちに囚われることになります。だからこそ、意識して前向きな気持ちを取り戻せるよう心がけましょう。

    例えば、自分の好きなところを書き出してみると、「こんなにも良いところがある」と自分を認めることができます。自分が褒められているように感じられるので、「もうやだ」と感じた心も軽くなっていくでしょう。

    また、自分の良いところを可視化することで、自信に繋げることもできます。前向きな気持ちを取り戻すためにも、落ち込んだ時ほど自分を過大評価してあげましょう。

    幸せを感じられる写真を眺める


    何かから力を得たいという場合には、幸せを感じられる写真を眺めるのもおすすめです。例えば、好きな人の写真を眺めたり、好きなものが写っている写真を眺めたりすると心の元気が戻ってきますよ。

    他にも、心が落ち着く写真もおすすめです。好きなものを視界に入れることで、心は落ち着きを取り戻します。「また頑張ろう」「こんなんじゃだめだ」と前向きな気持ちが生まれやすくなるため、状況改善も早くなるでしょう。

    ただし、写真を眺めても幸せな気持ちになれない場合には、その写真は自分から遠ざけることです。幸せを感じられないのにずっと眺めていても、元気は得られませんからね。

    リラックス効果のあるアロマを焚く


    香りは時として人を癒す効果があります。身も心もズタズタに疲れたという場合には、リラックス効果のあるアロマを焚いてみましょう。心安らぐ香りを嗅ぐことで、「もうやだ」と感じた心を癒すことができますよ。

    また、リラックス効果のあるアロマとして有名なのは、「ベルガモット」「ゆず」「ラベンダー」「サンダルウッド」などです。アロマといっても香りの好みは人それぞれなので、自分が好む香りを見つけましょう。

    ただし、匂いに敏感な人は要注意です。リラックスのために焚いたつもりが気分を害するとあれば、さらに気持ちを暗くさせてしまいます。
  • 「もうやだ」と感じた時の気分転換法|後編

    「もうやだ」と感じた時の対処法は、まだまだ次のようなものがあります。

    上手に気分転換するためにも、日々の生活内容を見直すことも大切です。また、日常のルーティンから、利用できるものを探しましょう。

    お風呂に入ってみる


    嫌な気持ちを抱えていると、体全体が気持ち悪く感じる人も多いですよね。そんな時には、お風呂に入って身も心も綺麗にしてみましょう。体から綺麗にすることで、心も洗い流されるからです。嫌な気持ちを洗い流すように意識して、体を洗ってみましょう。

    また、お風呂でリラックスするためにも、アロマを用いたりマッサージを行ったりすると良いですよ。少し工夫することで、「もうやだ」と感じた心を癒すことができます。何もしないでお風呂に入るより、心の持ちようも変わってくることでしょう。

    他にも、お風呂でリフレッシュするならできるだけ湯船には浸かるようにしてください。体の芯から温めることで、心も軽くなっていくでしょう。

    寝てしまう


    何をしても心が軽くならない、気分が変わらないという場合には、いっそのこと寝てしまうのもおすすめです。寝て覚めることで忘れてしまうこともありますし、時間が経つことで「仕方ない」と割り切れるものもあるでしょう。

    また、起きているとそれだけ悪いことも考えやすくなります。上手く気分転換できないのであれば、これ以上「もうやだ」と感じないためにも寝てしまいましょう。ふて寝をしたところで、誰かが咎めるわけでもありません。

    ただし、人によっては心が落ち着かないせいでなかなか寝付けないこともあるでしょう。そうした時には、リラックス効果のある香りを用いて心を落ち着かせることをおすすめします。

    カラオケなどで大声を出す


    「もうやだ」という気持ちを抱えていると、どうにも落ち着かなくなりますよね。体の中心がムズムズするような、嫌な感覚も覚えるでしょう。そんな時には、それを解消すべくカラオケなどで大声を出すのもおすすめです。

    腹の底から大声を出すことで、ストレスを発散できます。また、好きな歌を歌えば、それだけ元気も取り戻せるでしょう。我慢するだけよりも、解放感溢れる場所で大声を出した方が、身も心も楽になりますよ。

    ただし、家などで大声を出す場合には近所迷惑にならないよう注意しましょう。注意されることによってまたストレスを感じては、同じことの繰り返しになるからです。

    好きなものに浸ってみる


    身も心も疲れ果ててしまった時には、好きなものに浸ってみるのもおすすめです。例えば、好きなアニメや漫画があるならそれに浸ってみましょう。自分をとことん甘やかすことで、疲れた心を癒すことができます。

    他にも、好きなミュージシャンがいるならその歌を聴きましょう。歌は時に元気をくれるものですから、気分転換には最適です。「もうやだ」と感じる気持ちなだめ、前を向く元気も貰えるでしょう。

    また、元気がなくなった時のために、普段から好きなものを明確にしておくことも大切です。いざという時にすぐ対処できるよう、普段から好きなものを増やしておきましょう。