「もうやだ」はSOSの合図!辛い気持ちを軽くする方法を徹底解説

  • 「もうやだ」を言わないようにするには?

    人は時に感情的になると、「もうやだ」という気持ちが溢れてしまいますよね。

    しかし、「もうやだ」という言葉は相手にとっても負担になるもの。だからこそ、その言葉を言わないよう自分を律することも大切です。

    内容をまとめてから話す


    人は感情的になればなるほど、頭の中が真っ白になります。これによって感情のままに言葉をぶつけるようになり、互いにとって悪い結果にしかならないでしょう。だからこそ、そうならないように内容をよくまとめてから話すことが大切です。

    例えば、言いたいことがあるなら紙に箇条書きでも良いのでまとめておきましょう。それを見ながら話せば、自分が何を言いたいのか相手に伝えることができます。

    また、話す前には呼吸をゆっくりと落ち着かせましょう。深く息を吸うことで、感情をなだめることができます。攻撃的な思考もこれによって落ち着くので、冷静に話すことができますよ。

    周囲に指摘してもらう


    他者によって強いストレスを感じたり「もうやだ」と感じているなら、周囲から指摘してもらうのもおすすめです。特に、相手に対して苦手意識を抱いていると、自分から指摘するのがとても難しいように感じますよね。

    だからこそ、自分の限界が来る前に周りに助けを求めることです。理由を話せば理解してくれる人もいますし、同じように迷惑を被っている人もいる可能性も。自分に共感してくれる人に頼むことで、状況が改善されるでしょう。

    ただし、どうしても言いたいことがあるなら、直接伝えるのも大切です。本人から真摯に訴えてこそ、理解してくれることもありますよ。

    信頼している人に愚痴を聞いてもらう


    自分がいっぱいいっぱいになると、どうしても愚痴を吐き出したくなりますよね。我慢し続けていても、自分の中にモヤモヤとしたものが溜まっていくだけです。だからこそ、信頼している人に愚痴を聞いてもらいましょう。

    人に話を聞いてもらうだけでも、心は軽くなっていきます。また、他人に話を聞いてもらうことで、自分が本当はどうしたいのか、何を求めているのかも見極めることができます。

    ただし、愚痴を吐いてばかりでは相手にも負担を感じさせてしまいます。そのため、愚痴を聞いて貰ったらきちんと感謝を伝え、話を明るく終わらせる工夫も必要です。

    「もうやだ」と感じた気持ちを認めてあげる


    人によっては、辛い気持ちに自ら蓋をする人もいるでしょう。例えば、「こんなことを思うなんて甘い証拠だ」「自分がいけないんだ」など、自分を責めてしまう人は多いですよね。しかし、自分を責めても辛さや悲しみが増すだけです。

    だからこそ、「もうやだ」と感じた気持ちを認めてあげましょう。自分に対して「辛いよね」「苦しいよね」と認めてあげるだけでも、心は軽くなっていきます。また、心を整理できるので、より自分が何をすべきか見えてくるでしょう。

    辛い気持ちに蓋をしても、さらなる苦しみがやってくるだけ。さらに自分を苦しめないためにも、辛い気持ちは吐き出してしまいましょう。
  • 「もうやだ…」辛い気持ちを軽くするポイント

    暗い気持ちに終止符を打つためにも、「もうやだ」と感じたら自分で対処していきましょう。

    ここでは、「もうやだ」と感じる気持ちを軽くするポイントを紹介します。次のようなことを心がけ、自分で気持ちを楽にしていきましょう!

    苦しい時こそチャンスだと思い直す


    「もうやだ」と辛い気持ちを抱えそうになったら、苦しい時こそチャンスだと思い直してみましょう。例えば、今踏ん張ることで更なる高みに登れるかもしれないと前向きに考えることで、気持ちを持ち直すことができますよ。

    些細な失敗やミスなんて、笑って吹き飛ばせるようになるので「もうやだ」と感じることも少なくなっていきます。

    だからこそ、辛い時ほど前向きさを意識することが大切です。暗い気持ちを抱え続けていても良いことはないと、自分を奮い立たせましょう!

    時には逃げることも大切


    いくら前向きな気持ちを抱えようと意識しても、時に状況がそれを許さないこともあるでしょう。そんな時には、逃げることも大切です。自分ではどうしようもないと感じられるなら、それを放り出してみましょう。

    時に問題となるものから遠ざかることで、心の元気も戻ってきます。また元気や意欲が戻ってくれば、問題とも向き合っていけるでしょう。だからこそ、「もうやだ」と感じた時には無理をしないことも大切です。

    人生は、常に順風満帆ではありません。時に休息が必要になるからこそ、自分の心の声に耳を傾け、進むべきか休むべきかを見極めましょう。

    自分を認めて褒めてあげる


    「もうやだ」と辛い気持ちを抱えている時は、自分を叱責するのではなく自分を認めてあげることも大切です。「辛い」という気持ちを受け入れるだけでも、自分の心は軽くなるもの。休むことを自ら認めることで、心も癒されていくでしょう。

    逆に、自分を叱責してばかりでは辛さがより助長されてしまいます。「もうやだ」と感じる瞬間は、誰にでもあるものだからこそ認めてあげることが大切です。

    また、自分に対しての辛く厳しい言葉にはあまり耳を傾けないようにしましょう。辛い時に、温かい言葉をかけてくれる人を大切にしましょう。

    思いっきり泣いてしまうのもアリ


    辛く悲しい気持ちを我慢するだけでは、ストレスが溜まっていくだけです。だからこそ、時には思いっきり泣いてしまうのもアリといえます。感情のままに泣き叫ぶことで、心に溜まった鬱憤やストレスを発散できるでしょう。

    また、慰めてくれる相手がいるなら、その人にすがるのもおすすめです。話を聞いて貰ったり、慰めてもらったりすることで心は軽くなります。

    辛い気持ちを一人で抱え続けていると、さらに悪いことを考えてしまうもの。意識して人と関わることで、貰える元気もありますよ。