「もうやだ」はSOSの合図!辛い気持ちを軽くする方法を徹底解説

人間誰しも、我慢の限界に達すると「もうやだ」「全てを投げ出したい」と感じますよね。しかし、そんな暗くて嫌な気持ちを抱えてばかりでは、楽しいことを思う存分満喫できません。「もうやだ」と心が悲鳴を上げるなら、すぐにでも状況を改善しましょう。

  • 「もうやだ」と感じたことはありませんか?

    人生には、楽しい時もあれば辛い時も訪れる。そして、時にはどん底にまで落とされることもあるでしょう。人はそうした時に、「もうやだ」「全てを投げ出したい」と強く感じるものです。自分だけが辛い思いをするなんて嫌だと、泣き叫びたくなる時もあるでしょう。

    しかし、感情のままに泣き叫ぶだけでは、周りは助けてくれません。また、そうした姿を見せることによって、自分の評価を落としてしまうことも。だからこそ、「もうやだ」と感じた時には、自分で対処できるようにしておきましょう。

    自分の感情を上手くコントロールすることは、より自分の人生を豊かにするために必要なことです。自分を律して、より良い生活を送るためにも「もうやだ」と心が悲鳴をあげたら、すぐに耳を傾けてあげましょう。
  • 「もうやだ」と言いたくなる時|生活編

    人によって「もうやだ」と言いたくなる時は異なるもの。

    そこで、まずは生活の中で「もうやだ」と言いたくなる瞬間について紹介します。次のような時ほど、多くの人が心の中で悲鳴を上げているでしょう。

    人生そのものが疲れた


    嫌なことが続いたり、打ちのめされることが続くと人生そのものに疲れ果ててしまいますよね。何をしても上手くいかないときは、人生そのものが楽しくないとさえ感じるでしょう。自分が何をしても報われないように感じ、生きる気力さえ失っていきます。

    こうした時ほど、人は「もうやだ」と言いたくなるのです。人生そのものを投げ出したくなり、泣き叫びたくなるでしょう。しかし、全ての人が感情のままに泣けるわけではありません。一人の大人として自立するほど、「こんなんじゃだめだ」と自分を律する人が多いです。

    また、人生そのものに疲れると、なかなかやる気を取り戻せません。上手く自分の感情をコントロールできなければ、感情のままに泣き叫んでしまうでしょう。

    仕事が辛い


    人生は、いつでも順風満帆とはいきませんよね。特に、仕事で躓いてしまうと人生そのものが辛くなりやすいです。例えば、仕事で酷い仕打ちを受けていたり、休みが全然取れなかったりすると、身も心も疲弊していきます。

    上手く休息を取っていかなければ、心は平穏を保つことができません。それなのに会社がそれを許さないとあれば、状況に対し不満も溜まっていくでしょう。仕事そのものを放り投げたくなり、休職や転職も頭をよぎります。

    仕事の疲れやトラブルは、人の心をむしばみやすいもの。自分が伸び伸びと仕事できない環境になるなら、転職や退社も視野に入れた方が良いでしょう。

    人間関係がうまくいかない


    仕事やプライベートが上手くいっていても、それに関わる人間関係が上手くいっていなければ強いストレスを感じますよね。特定の人と上手くいかないだけでも、人生そのものが憂鬱に感じられることもあるでしょう。

    人は一人では生きていけないからこそ、人間関係を良好に保とうと努力します。しかし、全ての人間と良好な関係はそう簡単に築けないものです。だからこそ、人と衝突したり嫌がらせを受けることで、大きな悩みを抱えるでしょう。

    人間関係の躓きも、人の心をむしばむもの。「もうやだ」と感情的になる前に、合わないと感じる人とは距離を取るようにしましょう。

    将来が不安


    人によっては、将来に対して強い不安を抱いていることでしょう。例えば、仕事が不安定だ、学業が思わしくないなど、これからの未来に対して、漠然な不安はいついかなる時も訪れるものです。そうした不安を上手く拭えないと、切羽詰まった状況から「もうやだ」と叫びたくなります。

    また、将来に対して周りから圧力をかけられている人もいます。自分に対する期待が大きすぎると、それに耐えられなくなります。より自分を追い詰めることになり、全てを投げ出したくなるでしょう。

    しかし、周りに期待に応える義務は必ずしもあるとは限りません。だからこそ、無理なものは無理と割り切り、何とかなると前向きな心を持つことが大切です。