「もうやだ」はSOSの合図!辛い気持ちを軽くする方法を徹底解説

人間誰しも、我慢の限界に達すると「もうやだ」「全てを投げ出したい」と感じますよね。しかし、そんな暗くて嫌な気持ちを抱えてばかりでは、楽しいことを思う存分満喫できません。「もうやだ」と心が悲鳴を上げるなら、すぐにでも状況を改善しましょう。

  • 「もうやだ」と感じたことはありませんか?

    人生には、楽しい時もあれば辛い時も訪れる。そして、時にはどん底にまで落とされることもあるでしょう。人はそうした時に、「もうやだ」「全てを投げ出したい」と強く感じるものです。自分だけが辛い思いをするなんて嫌だと、泣き叫びたくなる時もあるでしょう。

    しかし、感情のままに泣き叫ぶだけでは、周りは助けてくれません。また、そうした姿を見せることによって、自分の評価を落としてしまうことも。だからこそ、「もうやだ」と感じた時には、自分で対処できるようにしておきましょう。

    自分の感情を上手くコントロールすることは、より自分の人生を豊かにするために必要なことです。自分を律して、より良い生活を送るためにも「もうやだ」と心が悲鳴をあげたら、すぐに耳を傾けてあげましょう。