妊娠中の性欲について徹底解説!セックスやオナニーはしてもいい?

  • 妊娠中のセックス・自慰のやり方|前編

    ここからは、妊娠中のセックスや自慰のやり方を紹介します。

    妊娠中、体調や状態が優れているのであれば、セックスや自慰(オナニー)をしても問題ありません。上手く性欲と付き合っていくためにも、正しいセックス・自慰方法について知っておきましょう。

    基本的にソフトタッチで


    セックスやオナニーをする時は、基本的にソフトタッチで行いましょう。激しい刺激を与えることでトラブルを引き起こす恐れがあるため、優しいタッチで行うべきです。優しく柔らかい刺激を与えることで、性欲が徐々に解消されていくでしょう。

    また、刺激が激しいほど体に与える負担が増えていきます。妊娠中は自分だけの体ではないので、赤ちゃんに負担をかけない刺激を心がけましょう。激しいプレイがしたくても、出産後まで我慢すべきです。

    ソフトタッチな刺激でも、やり方次第では強い快感を得られます。妊娠中は刺激を与える方法を工夫し、母子ともに負担を感じないよう配慮しましょう。

    お腹を圧迫しないプレイにする


    どんな刺激であっても、激しいものは負担を感じさせます。また、激しくなるほど無意識にお腹を圧迫しやすいです。赤ちゃんに負担をかけることになり、妊娠や出産に問題をきたす恐れもあるでしょう。

    だからこそ、常に優しい刺激を心がけてください。「お腹を圧迫していないか」「負担をかけていないか」など、夫婦で気をつけることでトラブルを防げるでしょう。妊娠中は快感を得ることだけに夢中にならない意識も必要です。

    「自分のお腹の中には赤ちゃんがいる」と自覚することで、どんなプレイが最適かが分かってきます。セックスやオナニーができるからといって、無理しないようにしましょう。

    おもちゃではなく手を使う


    妊娠前にはおもちゃやアダルトグッズで刺激を得ていた人もいるでしょう。しかし、妊娠中は免疫力が低下しているせいで、感染症に簡単にかかりやすくなっています。こうしたものから感染するリスクもあるので、できるだけ自分の手で刺激しましょう。

    また、どんなに清潔に保っているものでも、免疫力が低下していたり体調が優れなければ感染症にかかる恐れがあります。自分たちの行いによって後悔することもあるので、妊娠中はできる限りの対策をしておいた方が良いですよ。

    アダルトグッズは、出産後でも十分に楽しめます。無理して妊娠中に使う必要はないので、おもちゃやアダルトグッズに頼りすぎないようにしましょう。

    オナニーは清潔な手で行う


    オナニーをする時は、必ず清潔な手で行いましょう。女性の中には、「したい」という気持ちを感じた時についつい手を伸ばしてしまう人もいますよね。しかし、妊娠中は感染症リスクが高くなっているため、意識して手を清潔に保つ必要があります。

    ちょっとの軽い気持ちが後悔に繋がることもあるので、必ずオナニー前には手を清潔にしておきましょう。また、普段から使えるようにアルコールジェルや手拭きを用意しておくことをおすすめします。

    安全に配慮してオナニーすることで、妊娠中も気持ちいいと感じられるオナニーができるでしょう。性欲を上手く発散するためにも、安全性を常に意識してくださいね。

    出典:ママ、あのね『【保存版】妊婦さんが注意すべき感染症まとめ』
    https://www.lion-dent-health.or.jp/mama-anone/pregnancy/article/preg-diseases2-05.htm

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)