もしかして嫌い避けされてる?好き避けとの見分け方や対処法を解説!

嫌い避けされると「なんでそんなに嫌いなの?露骨に避けるの?」と悲しくなりますよね。そこで今回は嫌い避けをする理由に密着。嫌い避けされやすい人の特徴や原因、また、嫌い避けされた時の対処法について詳しく解説していきましょう。

  • そもそも嫌い避けってなに?

    嫌い避けをされているかも…そう思うと、一気に不安に感じたり、モヤモヤしたりして嫌な気持ちになってしまうものです。自分に何か原因があるのだろうか、どうしたら嫌い避けされなようになるのか…それらがとても気になってしまいますよね。

    今回はそんな嫌い避けに注目ということで、まずは言葉の意味、また嫌い避け以外にもある「〇〇避け」をいくつか解説していきましょう。

    「嫌い避け」の意味


    漢字にもあるように「嫌い避け」とはそのまま「嫌いだから避ける行為」という意味を持つ言葉です。嫌いな人、生理的に無理な人、正直少し苦手な人…そんな人に無意識にでも距離を取って、できるだけ関わらないようにしようと避けてしまう人は決して珍しくありません。

    ただ、人によって感覚は異なるものですが「嫌い」という感情はそこまで簡単に芽生えるものでないのも事実。つまり「嫌い避け」をされるということは、残念ながら何か余程のことをしてしまったと考えられるのです。

    「嫌い避け」以外の避け方


    嫌い避け以外にも「〇〇避け」が他にもあるってご存知ですか?

    似た意味を持つ言葉となるのが「ごめん避け」でしょう。ごめん避けは「相手からの好意を感じてはいるものの、その気持ちに応えられないから避ける行為」のことを指します。告白をされても振って傷つけることになるため、そうなる前に避けて気持ちを諦めさせようとするのです。

    もう一つ代表的なものと言えば「好き避け」でしょう。好き避けは「好きだけど恥ずかしいから避けてしまう行為」のことを指します。恥ずかしがり屋や恋愛経験が少ない人などは、好きな人を前にするとどんな反応をすればいいのかわからず、避けてしまうことが多いのです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)