寿退社のメリットやデメリットって?退社のタイミングや注意点を解説

寿退社には、メリットとデメリットがあると言われています。「寿退社を考えてるけど、どうなのだろう」と悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。本記事では、寿退社のメリット・デメリットを紹介します。寿退社を考えている方は、参考にしてみてください。

  • 最近の「寿退社」事情とは

    「寿退社」と聞いて、どのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。「寿退社できるなんて幸せ」と思う人がいれば、「寿退社なんてせずに仕事を続けたい!」と考えている人もいます。寿退社に対するイメージは、人それぞれだと言えるでしょう。

    本記事では、寿退社のメリットやデメリットについて紹介します。メリットだけでなくデメリットも把握しておくことで、寿退社への理解を深められるはず。「寿退社をしようかな、どうしようかな…」と悩んでいる時の参考にもなります。

    まずは、最近の寿退社事情についてチェックしていきましょう。寿退社の意味や寿退社をする女性の割合を解説します。

    そもそも寿退社の意味って?


    「寿退社」の「寿」には、「おめでたいこと」「祝うべきこと」という意味があります。昔は結婚をきっかけに退社をする女性が多かったため、「結婚というお祝い事を機会に退社をすること」を寿退社を呼ぶようになりました。

    以前は、結婚後は仕事を辞めて家庭に入るのが当たり前のことでしたが、近年は「寿退社」という言葉自体を聞くことが少なくなっているようです。時代の変化と共に、結婚と仕事の関わりは違うものへと変化しているということでしょう。

    寿退社をする女性の割合は?


    寿退社という言葉が聞かれることが少なくなってきた昨今ですが、寿退社をする女性の割合はどのくらいになっているのでしょうか。厚生労働省による「21世紀成年者縦断調査」では、寿退社をする女性の割合は約2割とされています。

    つまり、約8割の女性は結婚後も寿退社をすることなく、仕事を続けていると考えられます。女性の社会進出や不景気など、さまざまな要因から、寿退社をする女性が少なくなったのだと考えられます。

    また、結婚よりも出産をきっかけに退職を考えるパターンの方が多いのも特徴です。育児に対して寛容な会社でないと仕事を続けるのは難しくなるため、退職を考える人が少なくないのでしょう。

    出典:厚生労働省『21世紀成年者縦断調査』
    https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/judan/seinen20/index.html
  • 寿退社のメリット

    続いては、寿退社をするメリットについて見ていきましょう。寿退社には、さまざまなメリットがあります。メリットを活かすことができれば、寿退社をした後も充実した日々を過ごすことができるはず。どのようなメリットがあるのか、詳しく紹介します。

    家事や育児に専念できる


    寿退社をすると、家庭のことに専念できるのがメリットの1つです。寿退社をした後は、仕事のことを考える必要はなく、家庭内のことを考えれば良いので家事に注力できます。働いていた頃は十分にできなかった掃除や料理など、いろいろな家事を頑張ることができるでしょう。

    そして、出産後に育児に集中できるのも寿退社の良いところです。仕事をしていると、育児と仕事の両挟みで精神的に疲れてしまう可能性があります。あらかじめ寿退社をしていれば、仕事で悩むことはなくなるのがメリットです。

    また、職種によっては出産後に仕事を続けるのは難しくなる場合もあります。妊娠して急に仕事を辞めるよりは、最初から寿退社をしていた方が気が楽なはずです。

    仕事でのストレスがなくなる


    仕事をしていると、さまざまなストレスがかかります。同僚との付き合いや取引先との付き合いなど、人間関係でも疲れることが少なくないでしょう。寿退社をすれば、仕事関連のいざこざに巻き込まれることはなくなります。

    「仕事で成功を収めなければならない」などのプレッシャーから解放され、自由な時間が増えるのが寿退社の良いところです。仕事でストレスが溜まり、体調を崩すよりも、寿退社をして精神的に余裕のある日々を過ごした方が幸せなのかもしれません。

    夫婦の生活リズムを整えやすい


    共働きの夫婦だと、お互いが忙しい時に生活のリズムを作りにくくなります。出勤時間や帰宅時間が重ならず、一緒に住んでいるのに顔を会わせるタイミングがほとんどないということもあるはず。生活リズムのすれ違いにより、離婚を選択するカップルは少なくありません。

    一方で寿退社をすれば、仕事をしている夫に生活リズムを合わせやすくなります。すれ違いが生じることは少なくなり、夫婦としての生活を楽しみやすくなるでしょう。

    夫が忙しい職種についている場合は、寿退社をした方が、夫婦の生活サイクルを合わせやすくなるはずです。「結婚後は夫との時間をなるべく増やしたい」という方には、寿退社が向いているかもしれません。

    辞める口実を作れる


    もともと「会社を辞めたいな」と感じていても、なかなか退社を言い出せない事情もあるでしょう。そんな時に結婚が決まれば、辞める口実を作りやすくなります。

    どうしても辞めにくい状況であっても、「結婚するので辞めます」とキッパリと言いやすいのではないでしょうか。退職を引き止めていた上司が「寿退社なら仕方がない」と思ってくれる場合もあります。

    辛い仕事が続いていると、結婚をきっかけに「いったん仕事を辞めて楽になりたい」と思うこともあるはず。結婚は人生の節目と考えて、仕事に一区切りつけてみることを考えてみてはどうでしょうか。